花巻東きょう決勝、初優勝懸け聖光学院と 秋季東北高校野球

© 株式会社岩手日報社

 第74回秋季東北地区高校野球大会最終日は26日午後2時から、宮城県の石巻市民球場で決勝を行う。本県第1代表の花巻東(6年連続21度目)は、初優勝を懸けて聖光学院(福島第1)と対戦する。

 花巻東は今大会3試合で23得点6失点。主戦萬谷大輝(2年)の投打にわたる活躍が光る。打線はリードオフマン宮沢圭汰(同)が好調。中軸の佐々木麟太郎(1年)、田代旭主将(2年)らが着実に走者をかえして、センバツ切符をさらに確実なものにしたい。

 聖光学院は同3試合で21得点5失点。1番赤堀颯主将(2年)が打線を引っ張り、投手陣は最速140キロの右腕佐山未来(同)が中心。

 試合開始時刻は悪天候が予想されるため、当初の午前10時から変更となった。