チャオ・リーインとワン・イーボーの「有翡」が日本初放送!副題に“ツッコミ”も

© 株式会社 Record China

人気女優チャオ・リーイン(趙麗穎)と人気俳優ワン・イーボー(王一博)が主演する中国ドラマ「有翡 -Legend of Love-」が、2022年1月に衛星劇場で日本初放送される。

同作は、ドラマ「明蘭~才媛の春~」のチャオ・リーインと、「陳情令」で大ブレークしたワン・イーボーが共演した中国武侠ドラマ。レビューサイト・豆瓣(douban)で、10点満点のうち8.6点と高い評価を得ている同名人気小説を実写化した作品だ。

舞台は南北朝時代。江湖で孤高の地位を保つ門派「四十八寨」の掌門(門派のトップ)の娘・周翡(チャオ・リーイン)は、洗墨江で謝允と名乗る青年(ワン・イーボー)に命を救われる。周翡は恩を返そうと謝允を助けることにするが、謝允の出現によって愛する父が自分を置いて山を降りることになり、謝允を恨むことに。それから半年、任務のために初めて山を降りた周翡は思いがけず謝允と再会。2人は共に江湖に渦巻く陰謀に立ち向かう。

中国では2020年12月16日に騰訊(テンセント)動画などで配信がスタート。2時間であっという間に1億回再生を記録するなど大きな注目を集めた話題作だ。

日本初放送決定はエンタメメディア・新浪娯楽などによって中国でも報じられており、「大好きな作品」「允さま」「謝允は最高だよ」「允はどれほどの日本のお嬢さんファンを引き付けるかな」「日本版のポスターなかなか良い!」「やっぱりワン・イーボーはカッコいいな」といった声が上がっている。

また、原題にはない「Legend of Love」(ちなみに英題は“The Legend of Fei”)との副題について、「誰か笑った人いる?」「はははは」「私も笑った!」「中二病だね」などと“ツッコミ”を入れる声も続出している。(翻訳・編集/北田)