中国、過去5年間で鉱床約5千カ所を発見

© 新華社

中国、過去5年間で鉱床約5千カ所を発見

21日、天津市で開かれた2021中国国際鉱業大会で鉱石の見本を観賞する来場者。(天津=新華社記者/趙子碩)

 【新華社天津10月26日】中国地質調査局発展研究センターは21日、天津市で開かれた2021中国国際鉱業大会で「2021年中国地質探査の進展と動向」に関する報告を発表し、2016年から20年までの5年間に中国が鉱物資源探査で4917カ所の鉱床を発見したと明らかにした。

中国、過去5年間で鉱床約5千カ所を発見

21日、天津で開かれた2021中国国際鉱業大会で展示された重機を見学する来場者。(天津=新華社記者/趙子碩)

 同大会は自然資源部と天津市人民政府が指導し、中国鉱業連合会が主催、30カ国・地域の関連団体と来賓が参加し、企業230社が出展した。