中国スマホブランド「栄耀」、米グーグルとの提携再開

© 新華社

中国スマホブランド「栄耀」、米グーグルとの提携再開

   スマートフォンブランド「栄耀(HONOR)」の新機種「Magic3」。(HONORのホームページのスクリーンショット、北京=新華社配信)

 【新華社北京10月26日】中国のデジタル端末ブランド「栄耀(HONOR)」を手掛ける栄耀終端はこのほど、米グーグルとの提携を再開したことを明らかにした。スマートフォンの新機種「HONOR 50」シリーズの海外向け機種に「グーグル・モバイル・サービス(GMS)」を標準搭載する。

 栄耀終端は今年初めにグーグルと提携再開を巡る交渉を実施。その後、グーグルによる安全審査と互換性テストを受けたとの情報も流れていた。GMSはアンドロイド端末でグーグルが提供するアプリを使う際に必要で、海外では不可欠のサービスとなっている。

 栄耀終端の趙明(ちょう・めい)最高経営責任者(CEO)によると、GMSを標準搭載した「HONOR 50」シリーズと「HONOR X20」の海外向け出荷は10月末を見込んでいる。趙氏は「国内でのシェアが劇的に回復したように、海外市場での売り上げも美しいV字型を描くと確信している」と自信を見せた。