重慶で児童向けSFのイベント 急成長する中国SF産業

© 新華社

重慶で児童向けSFのイベント 急成長する中国SF産業

22日、2019年度中・長編小説部門で金賞を受賞した馬伝思(ば・でんし)氏に賞を授与する「児童SF星雲賞」組織委員会の劉慈欣会長。(重慶=新華社記者/温競華)

 【新華社重慶10月26日】中国重慶市で22日、児童向けSF作品の創作活動促進と普及に向けた「2021児童科幻(SF)大会」が開催された。最新のSF児童小説が、新たに創設された「児童SF星雲賞」を受賞した。

重慶で児童向けSFのイベント 急成長する中国SF産業

22日、2021児童SF大会の開会式であいさつする劉慈欣氏。(重慶=新華社配信)

 中国のSF産業はここ数年、急速に発展している。中国科普研究所中国SF研究センターと南方科技大学科学・人類想像力研究センターが発表した「2020年中国SF産業報告」によると、2019年の中国SF産業の総生産額は658億7100万元(1元=約18円)で、従来の紙媒体の書籍に加えてSF作品に関連した製品も徐々に生まれ、2019年には中国のSF関連製品は千種類を超え、市場規模は約13億5千万元となった。

重慶で児童向けSFのイベント 急成長する中国SF産業

22日、2021児童SF大会の開会式であいさつする劉慈欣氏。(重慶=新華社配信)

 大会に出席した中国の著名SF作家の劉慈欣(りゅう・じきん)氏は、SFは子どもの読書の重要な一部となっているが、児童向けSFの発展は全体としてまだ時代のニーズからほど遠く、潜在的な読者層と発展の余地を引き続き開拓する必要があると述べた。(記者/呉燕霞、温競華、丁英華)