新たな感染は屋久島の10歳未満~30代の4人 30代男性は役場職員 新型コロナ・鹿児島26日発表

© 株式会社南日本新聞社

 鹿児島県は26日、新型コロナウイルスの感染者を新たに4人確認したと発表した。県の確認は16日以来。鹿児島市の感染確認は7日連続でなかった。市は、入院や宿泊施設入所、自宅待機を合わせた療養者数が1年118日ぶりにゼロになったと公表した。

 市の療養者は、2020年4月8日以後、増減を繰り返し、同年6月30日にゼロとなった。感染急拡大に伴い今年8月27日に過去最多の1551人を記録した。市新型コロナウイルス感染症対策室は「新規感染者の減少により減ったとみられる。引き続き感染対策の徹底を」としている。

 新規感染者4人は屋久島町の30代男性、10代女性、10歳未満の女性2人。30代男性と10代女性の感染経路が分かっていない。

 屋久島町は同日、30代男性が役場職員だったと明らかにした。役場は消毒済みで、濃厚接触者の職員5人が自宅待機中。図書館や体育館などの公共施設は28日まで閉鎖する。

 県内の累計感染者は9101人。25日時点の療養者は前日比6人減の3人で、うち入院2人、宿泊施設入所1人。入院患者のうち、酸素投与が必要な中等症、重症はいない。

関連表

この記事はいかがでしたか?