負傷した国家1級保護動物カタシロワシを保護 江西省永修県

© 新華社

負傷した国家1級保護動物カタシロワシを保護 江西省永修県

 【新華社南昌10月26日】中国江西省九江市永修県呉城鎮で24日、観光客が負傷した大型の鳥を見つけた。鳥は直ちに鄱陽(はよう)湖国家級自然保護区呉城ステーションの野生動物救護センターに運ばれた。

 センターの専門家による鑑定の結果、保護されたのはカタシロワシの亜成体で、右羽に重傷を負っていることが判明。職員による手術を受け、現在の容態は安定している。

 カタシロワシは大型猛禽類で、黒褐色の羽、比較的淡い色の頭部、頸部を持つ。肩に白い斑点があり、他のワシと区別される主な特徴となっている。2017年に国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに掲載され、21年には中国の国家1級保護動物に指定された。(記者/黄和遜)