28日(木)は太平洋側中心に秋晴れ 東京でも20℃超の暖かさ 小笠原は台風20号の影響大きく

© 株式会社ウェザーマップ

 27日(水)午後も、東海から西の各地は晴れるが、関東は曇りがちで雨の降る所がある見込み。北陸や北は不安定な天気で、今夜遅くにかけて雷雨の所がありそうだ。落雷や、竜巻などの激しい突風に注意が必要となる。

天気にばらつき

 東海から西の地域は、27日(水)午後も晴れる所が多く、最高気温は24℃前後と暖かい見込み。中国地方で雲が多い所でも、次第に晴れ間が戻りそうだ。関東は午前中からぐずついた天気の所があるが、夕方にかけても沿岸を中心に雨雲がかかる時間がありそうだ。日差しが少ないため気温はあまり上がらず、東京都心の最高気温は18℃くらいの見込み。

 北陸から北は日本海側を中心に大気の状態が不安定で、今夜にかけて雷を伴い雨脚の強まる所がありそうだ。天気の急な変化、落雷や突風、ひょうに対して注意が必要となる。

28日(木)東京も秋晴れ

 あす28日(木)は、新潟から北の各地は寒気の影響で天気が変わりやすく、にわか雨や雷雨となる見込み。この方面は引き続き、落雷や突風に注意が必要だ。太平洋側は晴れる所が多く、きょう雲が多くなっている関東でも洗濯日和となる見込み。
 28日(木)の日中は、仙台や東京でも20℃を超えて過ごしやい陽気となりそうだ。

小笠原に台風20号接近

 日本の南の台風20号が発達しながら北上し、あす28日(木)~29日(金)にかけて、強い勢力で小笠原諸島付近に接近・通過する見込み。小笠原諸島は暴風や高波に厳重な警戒が必要で、台風周辺の発達した雨雲がかかるため大雨のおそれもある。台風への備えは、きょう中に済ませておきたい。
 なお、29日(金)は伊豆諸島でも、大しけとなる可能性がある。

金曜日以降の天気

 29日(金)は北日本でも天気が回復して、30日(土)は全国的に晴れる見込み。西・東日本の気温は平年並みか高く、過ごしやすい状態が続きそうだ。ただ、内陸を中心に朝と日中の気温差が大きく、空気が乾燥する点は注意が必要となる。
 なお、31日(日)は湿った空気が流れ込みため、太平洋側は雲が多く西日本で雨の降る所がありそうだ。

(気象予報士・高橋和也)