台風20号、小笠原に最接近へ

暴風、高波に警戒

© 一般社団法人共同通信社

 台風20号は27日、暴風域を伴いながら日本の南の海上を北上した。28日午後から29日朝にかけて強い勢力で小笠原諸島付近に接近する見通し。気象庁は猛烈な風や高波、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けている。

 小笠原諸島で28日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は40m(60m)、29日は30~40m(40~60m)、波の高さは28日が10m、29日が8m。28日夕方までの24時間予想雨量は100mm、その後の24時間は100~150mm。