綾瀬はるか、白ワンピで美貌放つ コロナ感染から復帰後初の公の場

© 株式会社マイナビ

今年1月期に放送されたTBS系日曜劇場『天国と地獄 ~サイコな2人~』で主演を務めた女優の綾瀬はるかが、「東京ドラマアウォード2021」で主演女優賞を受賞。27日、都内で行われた授賞式に出席した。

8月末に新型コロナウイルスに感染し、入院していた綾瀬にとって、復帰後初の公の場。白のシャツワンピースで美貌を放ち、トロフィーを手に笑顔を振りまいた。

本作は、綾瀬演じる女性刑事と高橋一生演じるサイコパスな殺人鬼の魂が入れ替わるスイッチエンターテインメント。努力家で正義感が強い刑事・望月彩子(綾瀬)と、表向きは人柄の良いやり手の経営者だがサイコパスな殺人鬼という裏の顔を持つ日高陽斗(高橋)の魂が逆転し、エキサイティングな展開が描かれた。

綾瀬は「男性であることもそうですし、サイコパスな殺人鬼と入れ替わるということで、追われる側にもなるしという、難しい役どころでした」と振り返り、「監督、スタッフさん、高橋さんといろいろお話させていただいて、リハーサルとかさせてもらって一緒に作っていきました」と語った。

「東京ドラマアウォード」は、作品の質の高さだけではなく、“市場性”、“商業性”にスポットをあて、“世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性が高い優秀なテレビドラマを表彰。今年の受賞作品・受賞者は以下の通り。

「東京ドラマアウォード2021」受賞作品・受賞者

■作品賞〈連続ドラマ部門〉
グランプリ 『俺の家の話』TBSテレビ
優 秀 賞 『コントが始まる』日本テレビ放送網
優 秀 賞 『MIU404』TBSテレビ
優 秀 賞 『半沢直樹』TBSテレビ
優 秀 賞 『天国と地獄~サイコな2人~』TBSテレビ
優 秀 賞 『大豆田とわ子と三人の元夫』関西テレビ放送
優 秀 賞 『華麗なる一族』WOWOW

■作品賞〈単発ドラマ部門〉
グランプリ 『太陽の子』日本放送協会
優秀賞『流行感冒』日本放送協会
優秀賞『エアガール』テレビ朝日
優秀賞『人生最高の贈りもの』テレビ東京
優秀賞『教場II』フジテレビジョン

■奨励賞
「ミニドラマ『悲熊』」(日本放送協会)

■ローカル・ドラマ賞
『ペペロンチーノ』NHK仙台放送局
『ミヤコが京都にやって来た!』朝日放送テレビ

■個人賞
主演男優賞 窪田 正孝 『エール』(日本放送協会)
主演女優賞 綾瀬はるか 『天国と地獄~サイコな2人~』(TBSテレビ)
助演男優賞 西田 敏行 『俺の家の話』(TBSテレビ)
助演女優賞 江口のりこ 『俺の家の話』(TBSテレビ)
脚本賞 坂元 裕二 『大豆田とわ子と三人の元夫』(関西テレビ放送)
演出賞 西村武五郎 『きれいのくに』(日本放送協会)
特別賞 橋田壽賀子

■主題歌賞
STUTS & 松たか子 with 3exes「Presence」
(『大豆田とわ子と三人の元夫』〈関西テレビ放送〉主題歌)

■海外作品特別賞
『ヴィンチェンツォ』韓国
『俗女養成記2』台湾
『2gether』タイ