Foi「かわいい制服が着たい」中国から日本へ 高校での出会いが音楽活動の原点

© 株式会社ジェイ・キャスト

【新連載】DJ Nobbyの「未来のスターがやってきた」

若手アーティストを熱く応援する音楽バラエティーラジオ番組「DJ Nobby's Tokyo LIVE!!」のメインパーソナリティー、DJ Nobbyさんによる新連載。全国放送の同番組に出演した「近未来のトップアーティスト」の素顔を紹介します!明日にも人気沸騰する逸材が登場するかも...?

DJ Nobbyです。第三回のゲストは、日本と中国にルーツを持つシンガーソングライターのFoiさんです!

「一日12時間授業」の中学時代

小学校3年生から、16歳までを中国で過ごしたFoiさん。小さいときから日中を行き来していたため中国語はある程度話せたのですが、いざ現地校に入学すると生徒たちの勉強熱心さに驚いたそうです。

中学校では朝から晩まで、一日12時間ぐらい学校で授業を受けていたとのこと。部活などの課外活動はほとんどありません。中学3年生では土曜日も同じようなスケジュールで勉強に励んでいたと言います。

もちろんそんなスケジュールの中で音楽活動をする時間はありません。友達とカラオケに行っても、ミュージシャンになりたいとは思っていなかったそうです。

そんなFoiさんが日本に住むきっかけとなったのは「日本の制服が着たい」という思い。中国の高校には、日本のようにかわいい制服がなかなかありませんでした。

そのため、一度は中国の高校に入学したものの、家族には秘密で日本の学校に出願して合格。憧れの制服に袖を通すことになりました。

日本の高校では部活動に入ることを求められたため、音楽が好きだったFoiさんは軽音楽部に入部します。そこで出会った友達が、メジャーレーベル主催のミュージシャン養成課程に参加していると聞いて、Foiさんも応募。試験に合格してチームの一人となりました。これがFoiさんの、ミュージシャンとしての活動の第一歩となります。

「みんなが、がんばっている環境」でやってきた

Foiさんの半生について聞き、「やってみたい!私もできるようになりたい!」という思いで人生を歩んできたのだな、と感じました。

「やってみたいって思ったらやりませんか?」と自らのチャレンジを表現するFoiさん。「ちゃんと初詣にも行ってるので、運がいいんだと思います」と謙遜する場面もありました。

「でもここまでやってこられたのは、『みんなが、がんばっている環境』に身を置けたからだと思います」

そんなFoiさんが、2021年10月27日にリリースした新譜「FLASH POINT II」

もともと自主制作としてリリースした「FLASH POINT」という楽曲があり、Spotifyで30万再生を超えるヒットとなりました。今回はこの曲を新たなパートナーと共にリアレンジ。Foiさんの自信作を、全く違う表情で楽しめます。

「FLASH POINT II」作詞・作曲:Foi/Sound Produce&Arrange by George

同日に公開予定のMVにもぜひ注目してください。

ファンのみなさまも驚きのFoiさんの変化を楽しんでいただけること、請け合いです!


Foi(フォイ)

中国から16歳の時に帰国、現在は東京を拠点に活動するシンガーソングライター。幼少期から聞いてきたCROPやマンドポップに大きな影響を受け、現代ポップスと伝統的な中国音楽をクロスオーバーさせて独自の世界観を紡ぐ。憂いのあるハイトーンボイスと、日本と中国のミックスルーツという希有な存在が注目を集めている。2020年2月にセッショングループ「ぷらそにか」を卒業、その後も矢継ぎ早にソロシングルをリリースして幅広い世代から支持を獲得している。国内のみならず海外に向けても作品を発表し、2019年に発表したシングル「FLASH POINT」は、Spotifyだけで30万再生を突破した。

DJ Nobby

大学卒業後にシティバンク・エヌ・エイに新卒入社、外国為替ディーラーやクレジットリスク管理などを担当。その後東京金融取引所に転職、取引所FX「くりっく365」の取引監視や上場企画などの仕事に従事。現在も米系金融機関に勤務。金融機関勤務の知見を生かし、音声配信プラットフォーム「Voicy」でフォロワー5万8000人に向けて「きのうの経済を毎朝5分で!」を配信中。