【韓国】SKと米ソリッドパワー、全固体電池を開発[車両]

© 株式会社NNA

韓国バッテリー大手のSKイノベーションは28日、次世代電池の全固体電池を開発する米ソリッドパワーに3,000万米ドル(約34億1,400万円)を投資して、全固体電池を共同開発・生産する内容の協約を交わしたと発表した。SKイノベーションはリチウムイオン電池だけでなく、電気自動車(EV)の性能向上の鍵を握るといわれる全固体電池でも競争力を確保し、市場を先取りしたい考えだ。

全固体電池は、電流を発生させる電解質を液体から固体に替えることで、既存のリチウムイオン電池よりもエネルギー密度を向上させ、安全性も高めることができる次世代バッテリー。大容量化によりEVの航続距離延長が見込めることから、各社が開発を急いでいる。

両社はまず、リチウムイオン電池のニッケル、コバルト、マンガンの三元系(NCM)正極材とシリコン系負極材を使用した全固体電池を開発する。エネルギー密度は、リチウムイオン電池(体積1リットル当たり約700ワット時)より約33%高い同930ワット時以上の実現を目指す。

また、従来のリチウムイオン電池製造設備でも生産できる全固体電池を開発する。追加の設備投資を最小限に抑えることでコストと時間を節約し、価格競争力を確保するとともに量産時期の前倒しにつなげる。

ソリッドパワーは全固体電池の実用化を目指すベンチャー企業で、米フォードや独BMWなども出資している。米コロラド州の本社では、全固体電池の試製品や固体電解質を生産している。

SKイノベーションと米ソリッドパワーは、全固体電池の開発に乗り出す(SKイノベーション提供)