「前例ない作業」漁港で軽石撤去

沖縄、海岸に大量漂着

© 一般社団法人共同通信社

沖縄県国頭村の辺土名漁港に漂着した大量の軽石=29日午前(小型無人機から)

 小笠原諸島の海底火山噴火で発生したとみられる大量の軽石が沖縄県各地の海岸に漂着している問題で、県は29日、本島北部・国頭村の辺土名漁港で撤去作業を始めた。軽石の撤去は「前例のない作業」(担当者)で、2~3週間を見込む。

 港内の海面はセメントを流し込んだように一面が灰色の軽石で覆われた状態。陸上からショベルカー2台が次々と軽石をすくい上げた。ショベルカーで届かない範囲では、海面の汚染物の拡大を防ぐフェンスを船で引いて回収することも計画する。

 県の担当者は「前例がなく、手探りで作業を進めるしかない。軽石の処分方法は安全性を確認してから検討する」と話した。