米巨大IT5社決算、業績明暗

純利益8兆円、2社最高益

© 一般社団法人共同通信社

米IT4社のロゴやアイコン。左上から時計回りにグーグル、アップル、社名を「メタ」に変更したフェイスブック、アマゾン・コム(共同)

 【ニューヨーク共同】米巨大IT5社の2021年7~9月期決算が28日、出そろった。純利益の合計は723億4200万ドル(約8兆2千億円)。マイクロソフトと、グーグルの持ち株会社アルファベットが四半期ベースで最高益を計上。アップルも7~9月期としては最高益だった。一方、28日に社名を「メタ」に変更したフェイスブックは増益を確保したが伸び率が鈍化、アマゾン・コムは6四半期ぶりの減益で、明暗が分かれた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響でリモートワークや遠隔授業といった社会のデジタル化が進み、今年に入って各社は大幅増益を続けてきた。