「自民1強」政治に審判

経済政策、コロナ対策で攻防

© 一般社団法人共同通信社

国会議事堂

 第49回衆院選は31日、投票が行われ、即日開票される。新型コロナウイルス対策や、格差是正を含む経済政策、外交・安全保障などが争点。安倍、菅両政権から9年近く続く「自民1強」政治に有権者が審判を下す。自民、公明両党の連立と、立憲民主党を中心とする野党勢力のいずれに政権を託すかに注目が集まる。与野党9党首は30日、接戦区を中心に最終攻防を展開した。31日深夜にも大勢が判明する見通しだ。

 衆院選は2017年10月以来。衆院定数465議席(小選挙区289、比例代表176)に1051人が立候補した。現行の小選挙区比例代表並立制導入後、最少となった。

衆院選の選挙戦最終日、街頭演説に耳を傾ける有権者ら=30日午後、東京都調布市