北朝鮮、盧泰愚氏の死去報じず

政権期の南北合意はほご

© 一般社団法人共同通信社

 【北京共同】北朝鮮メディアは30日まで、韓国の盧泰愚元大統領の死去を報じていない。韓国政府は南北関係改善への貢献を理由に「国家葬」としたが、盧泰愚政権期の南北合意はいずれもほごになっており、北朝鮮は盧氏の役割を評価していない可能性がある。

 北朝鮮メディアは韓国の歴代大統領に関し、在任中に関係が悪化した金泳三氏が2015年に死去した際も報じなかった。一方、南北首脳会談を行った盧武鉉氏が09年5月に自殺した後には金正日総書記が弔電を送ってその事実をメディアが伝え、同年8月の金大中氏の死去に際しては弔問団も送った。