神戸市長選、投票始まる

現職と4新人の争い

© 一般社団法人共同通信社

 任期満了に伴う神戸市長選は31日午前7時から市内351カ所で投票が始まった。即日開票され同日夜に大勢が判明する見通し。

 立候補しているのはいずれも無所属で、3選を目指す現職久元喜造氏(67)=自民、立民、公明、国民推薦=と、兵庫労連事務局次長岡崎史典氏(52)=共産推薦=ら4新人の計5人。

 他に立候補したのは弁護士鴇田香織氏(53)、元兵庫県加西市長中川暢三氏(65)、空手道場代表酒谷敏生氏(50)。

 都心・三宮の再開発事業など久元氏の2期8年の評価が主な争点。市選挙管理委員会は同日投開票の衆院選業務のため、市長選の中間投票率は発表しないとしている。