公明の斉藤国交相が当選確実

広島3区、立民新人破る

© 一般社団法人共同通信社

広島3区で当選を決め、花束を受け取る公明党の斉藤鉄夫国交相=31日夜、広島市

 公明党の斉藤鉄夫国土交通相が広島3区で、立憲民主党新人のライアン真由美氏らを破り、当選を確実にした。3区は2019年の参院選広島選挙区を巡る買収事件で公選法違反罪による実刑判決が確定した河井克行元法相の地元。「政治とカネ」問題が与党に逆風になったが、自民党と連携し組織戦で乗り切った。

 斉藤氏は1993年に初当選し、当選10回。政治とカネ問題に危機感を強めた公明党が擁立を決め、比例中国ブロックからくら替え出馬した。支持母体の創価学会がフル稼働したほか、自民の岸田文雄首相も応援に入った。