首相「結果を受け入れたい」

自民議席減、情勢を注視

© 一般社団法人共同通信社

当確者の名前にバラを付ける自民党総裁の岸田首相=31日午後9時41分、東京・永田町の党本部

 自民党は、勝敗ラインと位置付けた「与党で過半数(233議席)」を確実にした。ただ新型コロナウイルス対策への批判もあり、公示前276議席から大幅に減らす見通しだ。単独過半数を確保できるかどうか情勢を注視している。岸田文雄首相(総裁)は党東京都連会合で「結果をしっかり受け入れたい。その結果を基に政治を前に進めていきたい」と述べた。

 自民党は公明党との連立政権を維持し、コロナ対策を盛り込んだ2021年度補正予算案の年内成立を図る方針だ。

 自民の甘利明幹事長は31日のNHK番組で、議席大幅減の見通しに関し「コロナ禍で不安や不満がたまっていた」と述べた。