自民の山本幸三氏が落選

福岡10区

© 一般社団法人共同通信社

山本幸三氏

 福岡10区で自民党前職の山本幸三元地方創生担当相が立憲民主党前職の城井崇氏に敗れ、落選した。党の年齢規定で比例代表には重複立候補していなかった。

 山本氏は1993年に初当選し、当選8回。選挙戦では「アベノミクス」の立役者として経済対策の成果をアピール。副会長を務める宏池会(岸田派)の岸田文雄首相らが応援に駆け付け支持拡大を訴えた。だが共産党からの支持を固め、事実上の野党統一候補だった城井氏に及ばなかった。