谷口将隆「どんな形でも勝つ」

ミニマム級、2度目の世界挑戦へ

© 一般社団法人共同通信社

オンライン記者会見をしたWBOミニマム級の谷口将隆(中央)ら=1日、東京都品川区(ワタナベジム提供)

 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級タイトルマッチ(12月14日・両国国技館)に臨む同級1位の27歳、谷口将隆(ワタナベ)が1日、オンラインで記者会見し「勢い任せだった2年前とは違うところを見せたい。どんな形でもいいので勝ちたい」と意気込みを語った。2019年2月の世界初挑戦は判定負けだった。

 王者ウィルフレド・メンデス(プエルトリコ)は3度目の防衛戦。サウスポー対決に谷口は「長身で距離を取り、カウンターを合わせるのがうまい。相手が嫌がることをしたい」と話した。戦績は14勝(9KO)3敗、メンデスは16勝(6KO)1敗。