テスラ、日本で大型蓄電設備販売

再エネの有効活用が容易に

© 一般社団法人共同通信社

テスラの大型蓄電設備のイメージ(テスラモーターズジャパン提供)

 米電気自動車(EV)大手、テスラが太陽光や風力など再生可能エネルギーの有効利用に役立つ、大型蓄電設備の販売を日本で始めた。新規参入の電力会社(新電力)向けで、EV用に大量調達している蓄電池を使うことで安く提供する。再生エネなどで発電した余剰電力をためることで、天候に関係なく電力を安定供給することが容易になる。

 新電力のグローバルエンジニアリング(福岡市)はテスラの日本法人から大型蓄電設備を購入し、北海道千歳市で2022年夏ごろに運用を始める。設備の容量は約6千キロワット時で、一般家庭約500世帯が1日に使う電力量に相当する。総工費は約3億円となる。