風防落下は施錠ミスか

福岡の空自F2戦闘機事故

© 一般社団法人共同通信社

 航空自衛隊は2日、福岡県朝倉市付近で10月、F2戦闘機から、操縦席を覆う約90キロの風防(キャノピー)が落下した事故について、パイロットが、風防がロックされているかどうか確認しないまま飛行し、操縦席と外気との気圧差が生まれたのが原因とみられると発表した。ロックされていない場合に点灯する警告灯の確認もしていなかった。

 空自によると、飛行前の点検では機体に異常がないことが確認されていた一方、フライト・データ・レコーダーには、離陸前から風防がロックされていない状態だったと記録されていた。風防は山中に落下したとみられ、見つかっていない。