首相、年内にも訪米へ

バイデン大統領と一致

© 一般社団法人共同通信社

英グラスゴーでバイデン米大統領(右)と対面し、あいさつを交わす岸田首相=2日(内閣広報室提供)

 【グラスゴー共同】岸田文雄首相は2日(日本時間同)、訪問先の英北部グラスゴーで記者団に、年内を含め早期に訪米したい意向を示した。これに先立つバイデン米大統領との短時間会談で、早期に再会して正式な会談を行うことで一致した。「日本外交の基軸は日米同盟」との立場から、バイデン氏との信頼関係構築を急ぎ、岸田外交を本格始動させたい思惑がある。

 中国を念頭に「自由で開かれたインド太平洋」実現に向け連携強化をどう図るかが課題となる。

 首相は国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)の首脳級会合出席に合わせて訪れた英国で、各国首脳と相次いで個別に会談した。