米バージニア州知事選、共和勝利

バイデン政権打撃、戦略見直しも

© 一般社団法人共同通信社

3日、集会に到着した米バージニア州知事選の共和党候補グレン・ヤンキン氏=同州シャンティリー(AP=共同)

 【ワシントン共同】米南部バージニア州知事選は2日投票が行われ、米メディアによると、共和党候補の元投資ファンド幹部グレン・ヤンキン氏(54)が接戦の末に民主党候補のテリー・マコーリフ前知事(64)を破り、当選確実となった。同州知事選は来年11月の中間選挙の前哨戦と位置付けられており、民主党のバイデン大統領に打撃となった。

 CNNテレビによると、開票率95%でヤンキン氏が約162万票、マコーリフ氏が約154万票。2日投票の東部ニュージャージー州知事選も、優勢とみられていた民主党現職が共和党新人に接戦に持ち込まれており、民主党は戦略見直しを迫られそうだ。

2日、投票所の外で支持者と話す米バージニア州知事選の共和党候補ヤンキン氏(左)=同州シャンティリー(ロイター=共同)
2日、支持者に向けて話す米バージニア州知事選の民主党候補マコーリフ氏=同州フォールズチャーチ(ゲッティ=共同)