来日研究者らを15泊自室に缶詰め

© 一般社団法人共同通信社

 国際交流基金が新型コロナウイルス流行で中断した海外の日本研究者受け入れの際、入国後最長15泊、隔離用ホテルの自室から一切出られないなど、日本人以上に厳格な措置を守るよう参加者に伝えていたことが3日分かった。(共同)