欧州車、減産響き減収

7~9月期、半導体不足で

© 一般社団法人共同通信社

欧州の主要自動車5社の21年7~9月期決算

 【ロンドン共同】欧州を拠点とする主要な自動車大手5社の2021年7~9月期決算が3日、出そろった。ドイツの高級車メーカーBMWを除く4社の売上高が前年同期と比べ減少した。サプライチェーン(供給網)の混乱による世界的な半導体不足で減産を強いられ、コロナ禍の影響を受けた前年の水準をさらに下回った。

 半導体不足は22年以降も続く見通し。各社は利幅の大きい高級車の生産に注力するなどして成長を目指している。

 ドイツのフォルクスワーゲン(VW)は販売台数が前年同期よりも24%減と落ち込み、売上高が4%減の569億3100万ユーロ(約7兆5千億円)となった。