【野球】投打が噛み合い初勝利 フレッシュリーグ東大戦

© 慶應スポーツ新聞会

11月3日(水)東京六大学野球秋季フレッシュリーグ戦 東大戦 @明治神宮野球場

先発し好投した谷村然

悔しい黒星スタートとなった秋季フレッシュリーグ。第2戦の東大戦は、3回まで両投手の好投で淡々とした試合運びとなる。しかし4回、慶大は3者連続の四球から作った満塁の好機で、一昨日も適時打を放った小川尚人(環2・三重)が左前適時打を放ち2点を先制。その後も着々と点を積み重ね7点を奪う。投げては先発の谷村然(環2・桐光学園)が東大打線を7回2安打、11奪三振に抑える完璧なピッチングで勝利を飾った。

慶大	0	0	0	4	0	1	0	2	7
東大	0	0	0	0	0	0	0	0	0

※連盟規定により、8回7点差コールド

東大バッテリー:鈴木健、●鈴木太、森岡、三宅、中村薫、平田-府川、内田

慶大バッテリー:○谷村然、島津-宮崎

◆慶大出場選手

1	[8]	橋本駿(経2・巣鴨)
2	[6]	斎藤快太(商1・前橋)
3	[5]	水鳥遥貴(商1・慶應)
4	[3]	清原正吾(商1・慶應)
5	[2]	宮崎恭輔(環2・國學院久我山)
6	[D]	古野幹(理1・岸和田)
7	[4]	小川尚人(環2・三重)
8	[2]	関展里(環2・慶應)
9	[6]	吉川海斗(法2・慶應)
[1]	谷村然(環2・桐光学園)
1	島津大河(商2・高志)

暖かい日差しが差し込む秋晴れの空の下始まったフレッシュリーグ第2戦の東大戦。昨日の悔しさをバネに、選手たちの間で力強いかけ声が飛び交い、気持ちを切り替えて試合に臨む姿が勝利を予感させた。3回までは両投手の好投で落ち着いた試合展開となるも、そのこう着状態を最初に打破したのは慶大打線であった。

2戦連続適時打の小川尚

4回、東大先発の鈴木健(理2・県立仙台第一)から3者連続四球で満塁のチャンスを作ると、一昨日も適時打を放った7番・小川尚が打席に。すると今日も左前適時打を放ち2点を挙げ、先制に成功する。続く関展里(環2・慶應)も死球で出塁すると、なおも1死満塁の場面で吉川海斗(法2・慶應)が中犠打で1点を追加する。さらに橋本駿(経2・巣鴨)にも中前適時打が生まれ、この回一挙4点を挙げ、活発な打線で主導権を握る。

適時打を放った橋本駿

援護をもらった谷村然はその裏、東大打線に続け様に2本の安打を打たれるも、落ち着いて後続を断ち反撃を許さない。谷村然がこの試合で打たれた安打はこの2本のみ。また東大に三塁を踏ませたのはこの回のみで、与えた四球も2つと、反撃したい東大打線から11個の三振を奪い、7回を見事な投球でまとめ、チームを盛り立てる。

3安打で勝利に貢献した吉川

完璧な投球を続ける谷村然に背中を押されたかのように、6回には死球で塁に出た6番・古野幹(理1・岸和田)が初球から盗塁を決め、その後2死三塁から相手のバッテリーミスの間に生還し1点を追加する。8回には2死二、三塁の好機で、吉川が内野安打を放ち、さらにエラーが絡み2人がホームイン。7−0と試合を決定づけた。8回裏には島津大河(商2・高志)が3人で締め、コールド勝ちを決めた。