河瀬直美×ジャ・ジャンクー、日中合作『再会の奈良』公開決定

© 株式会社シネマトゥデイ

秋の奈良。 - (C)2020 “再会の奈良” Beijing Hengye Herdsman Pictures Co., Ltd, Nara International Film Festival, Xstream Pictures (Beijing)

世界の映画祭で高い評価を得てきた河瀬直美ジャ・ジャンクーがエグゼクティブプロデューサーを務める日中合作映画『再会の奈良』が、日中国交正常化50周年の節目となる2022年の2月4日に公開されることが明らかになった。

驚いた表情の國村隼『再会の奈良』場面写真

奈良を舞台に、中国残留孤児の娘と母の60年にわたる絆を描く本作。主演を務めるのは、『哭声/コクソン』『MINAMATA-ミナマタ-』など、世界を舞台に活躍する國村隼ウー・イエンシューイン・ズー永瀬正敏劇団EXILE秋山真太郎など、日中を代表するキャストが共演する。中国出身のポンフェイが監督・脚本を手掛ける。

あわせて公開された日本版オリジナル・ポスターには、孤独な元警察官の一雄(國村)と養女・麗華を探しに単身中国からやって来た陳ばあちゃん(ウー・イエンシュー)、そしてシャオザー(イン・ズー)の3人が秋の奈良の紅葉を背景に並んで歩く姿が切り取られている。「異国を歩く。娘の本当の名前を探す旅。」というキャッチコピーが添えられ、麗華を探す3人の不思議な縁を感じさせるデザインに仕上がっている。(今井優)