佐川急便社員がパワハラ受け自殺

© 一般社団法人共同通信社

 物流大手、佐川急便(東京)の男性営業係長=当時(39)=が6月、上司からのパワーハラスメントなどを苦に勤務先で自殺していたことが分かった。遺族の代理人弁護士が4日、東京都内で記者会見して明らかにした。