COP26、グレタさん「失敗」

抗議デモで温暖化対策を酷評

© 一般社団法人共同通信社

COP26が開催中の英グラスゴーでデモが行われ、演説する環境活動家グレタ・トゥンベリさん=5日(共同)

 【グラスゴー共同】国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)が開かれている英北部グラスゴーで5日、地球温暖化対策の徹底を求める抗議デモがあり、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(18)が演説した。COP26について「明白な失敗だ」と酷評し、各国が表明した取り組みを「空手形」と批判した。

 COP26では46カ国が段階的な石炭火力発電の廃止に合意。世界の金融機関450社以上が参画するグループによる投融資を通じた脱炭素化の促進などが次々と表明されてきた。

 英メディアによると、デモ行進は主催者発表で推定2万5千人が参加した。

この記事はいかがでしたか?