【関西紅葉2021まとめ】大阪・京都・奈良にある紅葉スポット15選!

© 株式会社大新社

※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

1.【大阪府吹田市】万博記念公園・紅葉まつり

太陽の塔と紅葉のコラボは必見

イロハモミジやヤマモミジ、イチョウなど約20種・約10,000本の木々が赤や黄色に色づく「万博記念公園」。
2021年11月6日(土)~11月28日(日)まで開催されている「紅葉まつり」では、「日本庭園」にある茶室の特別公開や呈茶(有料)、和楽器などの伝統芸能の公演(2020年11月27日)など、紅葉と一緒に楽しみたいイベントを実施しています。

土日祝は日本庭園の夜間ライトアップを実施

期間中の土日祝(11/6・7除く)には「日本庭園」で夜間のライトアップ「MOMIJI Night Forest」も開催。「竹林の小径」や「深山の泉」、「木漏れ日の滝」などが光に包まれ、幻想的な景色を堪能できます。
錦絵のような「日本庭園」の美しい紅葉に酔いしれてみてはいかがですか?

【日本庭園・自然文化園共通入園料】
通常:大人260円、小中学生80円
日本庭園夜間ライトアップ:大人1,000円、小中学生300円
※夜間ライトアップは2021年11月13日、14日、20日、21日、23日、27日、28日の日本庭園のみ

「万博記念公園 自然文化園・日本庭園」
■住所:大阪府吹田市千里万博公園
■アクセス:大阪モノレール「公園東口駅」から徒歩15分
■営業時間:9:30~17:00(入園は16:30まで)、ライトアップは17:30~21:00(最終入場は20:00まで)
■定休日:水曜(11月中は無休)
■電話番号:06-6877-7387

2.【大阪府交野市】府民の森ほしだ園地

国内最大級の「星のブランコ」

「私市駅」から川沿いの歩道を歩いて約40分、ハイキングにもオススメの「府民の森ほしだ園地」。豊かな自然に恵まれた広大な自然公園で、アオサギやカワセミといった野鳥やハギ、ノブドウなどの秋の植物が楽しめます。
道中でも山々の木々が紅葉していますが、標高180m、全長280m、最大地上高50mの国内最大級の木床版吊り橋「星のブランコ」からの眺めは絶景!

舗装されていない道や滑りやすい場所もあるので、訪れる際はスニーカーなど歩きやすい靴を履いてくださいね。

【入園料】
無料

「府民の森ほしだ園地」
■住所:大阪府交野市大字星田5019-1
■アクセス:京阪「私市駅」から徒歩40分
■営業時間:9:00~17:00、星のブランコは9:30~16:30
■定休日:火曜、年末年始12月29日~1月4日(火曜が祝日の場合は翌日休園、4・5・10・11月は無休)
■電話番号:072-891-0110

3.【大阪府岸和田市】牛滝山大威徳寺

岸和田市にある「牛滝山大威徳寺」は天台宗の古刹で、境内の多宝塔は国の重要文化財に指定されています。

モミジや銀杏などが色づく紅葉の名所として名高く、紅葉シーズンにはその美しさを一目見ようとたくさんの方が訪れます。「大威徳寺」の苔むした石段と赤や黄色の紅葉との対比がとても素晴らしく、その鮮やかさは圧巻!

お寺の中には回遊式の庭園があり、一の滝、二の滝、三の滝、錦流の滝があるので、マイナスイオンを浴びながら散策が楽しめますよ。
※現在、土砂崩れにより「大威徳寺」本堂より奥へ進む遊歩道が通行止めになっており、滝まで行くことはできません。

【拝観料】
無料

「牛滝山大威徳寺」
■住所:大阪府岸和田市大沢町1178
■アクセス:南海本線「岸和田駅」下車、南海バスに乗り換えて約50分「牛滝山」下車
■営業時間:8:00~16:00
■定休日:なし
■電話番号:072-423-9486(岸和田市観光課)

4.【大阪府堺市】大仙公園・日本庭園

仁徳陵南側に位置する「大仙公園・日本庭園」は、堺市の市制100周年を記念して作られた、26,000平方メートルもの美しい日本庭園です。

中国江西省の名勝「廬山」を模した築山をはじめ、大海に見立てた池泉の河口の島にかかる2つの印月橋(いんげつきょう)と映波橋(えいはきょう)など見所満載。

また、秋期夜間特別開園として、11月13日(土)・14日(日)・20日(土)・21日(日)・23日(火)の5日間は、日没後から20時まで紅葉のライトアップが楽しめます。庭園の池に映り込む紅葉は息をのむ美しさ! ぜひ、「大仙公園・日本庭園」で深まりゆく秋を楽しんでくださいね。

【入園料】
大人200円、小人(中学生を含む)100円、団体(30人以上)2割引

「大仙公園・日本庭園」
■住所:大阪府堺市堺区大仙中町17(大仙公園内)
■アクセス:JR阪和線「百舌鳥駅」より徒歩15分、南海高野線「堺東駅」より「大仙公園西」バス停下車徒歩10分(堺東駅前2番のりば140番「あみだ池」ゆき)
■開園時間:3月~11月 9:00~17:00(入園は16:30まで)、12月~2月 9:30~16:30(入園は16:00まで)
※秋期夜間特別開園の入園は最終19:30まで
■定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)、年末年始
■電話番号:072-247-3670(休園日を除く開園時間中)

5.【大阪府河内長野市】観心寺

「観心寺」は役行者によって701年に開創され、後に弘法大師空海が真言宗の道場とした古刹です。大阪と奈良、和歌山の三県の境に位置し、南北朝時代の武将・楠木正成ゆかりの寺院でもあります。

「観心寺」の金堂には、国宝である観心寺如意輪観音像が祀られています。如意輪観音像は平安時代の密教美術最高の仏像と言われるほど美しく価値のある仏像です。

また、「観心寺」は「関西花の寺二十五ヶ所霊場会」の第二十五番で、梅や桜、ツツジや百日紅(サルスベリ)など四季折々の花が楽しめほか、紅葉の名所としても知られています。広い境内の秋を愛でながら、季節の移り変わりを感じてくださいね。

【入山料】
大人300円、小中学生100円、30人以上の団体で割引あり

「観心寺」
■住所:河内長野市寺元475
■アクセス:南海高野線・近鉄南大阪線「河内長野駅」より南海バス乗り換え「観心寺」下車
■拝観時間:9:00~16:30(17:00閉門)
■定休日:なし
■電話番号:0721-62-2134

6.【京都府京都市】北野天満宮

紙屋川を流れる散り紅葉も美しい

菅原道真公を祀る、全国約12,000社の天満宮・天神社の総本社である「北野天満宮」では、2021年12月5日(日)まで史跡「御土居」のもみじ苑を公開。
樹齢400年を超えると伝わる「三叉の紅葉」や樹齢600年の大ケヤキ「東風」など約350本の木々が赤や黄色に色づいた、美しい景色を楽しむことができます。

史跡「御土居」のもみじ苑をライトアップ

日没からはライトアップも実施。紙屋川沿いのカエデや竹林、境内が光に照らされ、昼とは異なる幻想的な光景を堪能できます。
入苑料には利休居士が考案したと伝わる茶菓子が付いています。
真っ赤に浮かび上がった紅葉を眺めながら至福のひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか?

【もみじ苑入苑料】
大人1,000円、子供500円(茶菓子付き)

「北野天満宮」
■住所:京都府京都市上京区馬喰町
■アクセス:京福電車「白梅町駅」から徒歩5分
■営業時間:9:00~16:00(最終受付15:40)、ライトアップは日没~20:00(最終受付19:40)
■定休日:なし
■電話番号:075-461-0005

7.【京都府京都市】京都府立植物園

イロハモミジとメタセコイヤ

「京都府立植物園」は、大正13年に「大典記念京都植物園」として開園。“生きた植物の博物館”として長きにわたり京都府民から愛され、まもなく開園100周年を迎えます。
園内には約12,000種の植物が植栽されていて、四季折々の表情が楽しめます。

ライトアップされ池面に映るイロハモミジ

2021年12月5日(日)までは「紅葉ライトアップ」を実施中。
「なからぎの森」周辺のイロハモミジや園路沿いのメタセコイアなど、世界の木々をやわらかな光で幻想的に演出しています。
ライトアップされた約200本のイロハモミジが池に映り込んだ光景は圧巻!
期間中は17:00から観覧温室の夜間無料開室も行われています。

【入園料】
一般200円、高校生150円、中学生以下無料

「京都府立植物園」
■住所:京都府京都市左京区下鴨半木町
■アクセス:京都市営地下鉄「北山駅」3番出口すぐ、「北大路駅」3番出口より徒歩約10分
■営業時間:9:00~17:00、ライトアップは日没~20:00(最終入園19:30)
■定休日:12月28日~1月4日
■電話番号:075-701-0141

8.【京都府京都市】くろ谷 金戒光明寺

新撰組ゆかりの寺院として知られる「くろ谷 金戒光明寺」。普段は御影堂以外非公開となっている寺院ですが、例年紅葉が色づく時期になると昼夜ともに特別拝観を開催しています。

昼と夜、共通しての見どころは、普段入ることのできない「紫雲の庭」の紅葉。建物内から見るだけでなく、実際に庭の中を散策して楽しめます。
また、夜間特別拝観ではお琴や篠笛などの生演奏を期間中毎日開催。ライトアップされた紅葉や和楽器の旋律に心癒され、風情たっぷりの秋夜を過ごせそうですね。

【2021年秋 特別拝観について】
期間:2021年11月12日(金)〜12月5日(日)
拝観時間:日中特別拝観 10:00〜16:30(16:00最終入場)、夜間特別拝観17:30〜20:30(20:00最終入場)
日中特別拝観料: 御影堂・大方丈・庭園 大人1,000円、小学生500円/山門 大人1,000円、小学生500円/御影堂・大方丈・庭園・山門セット券 大人1,600 円、小学生800円
夜間特別拝観料:大人1,000 円、小学生500円
※30分早く入場できる案内付きプラン「プレミアム拝観」は、大人1,500円、小学生1,000円(※ホームページより事前予約必要)

「くろ谷 金戒光明寺」
■住所:京都府京都市左京区黒谷町121
■アクセス:市バス「岡崎道」より徒歩10分
■通常拝観時間:参拝自由(御影堂は9:00~16:00)
※情勢により拝観時間が変更と可能性があります。最新の情報はホームページをご確認ください。
■定休日:なし
■電話番号:075-771-2204

9.【京都府京都市】大覚寺

平安のはじめ、嵯峨天皇の離宮として建立された「大覚寺」は1200年以上の歴史を持つ格式高い門跡寺院。
「大覚寺」の東に広がる「大沢池」周囲には、たくさんのもみじが植えられており、秋になると鮮やかな紅色に池周辺が彩られます。特に、「大沢池」のほとりに位置する朱塗りの塔、「心経宝塔」を池越しに見る構図がおすすめです。

もうひとつ紅葉の時期に見逃せないスポットが、境内にある「もみじロード」。
心経宝塔前広場から名古曽の滝跡につながる道で、秋になると真っ赤なトンネルの中を歩くことができます。

【参拝料】
お堂エリア:大人500円、小中高生300円
大沢池エリア:大人300円、小中高生100円

「大覚寺」
■住所:住所:京都府京都市右京区嵯峨大沢町4
■アクセス:JR「嵯峨嵐山駅」から徒歩20分
■参拝時間:9:00~17:00(16:30受付終了)
■定休日:なし ※お堂エリアは、寺内行事により内拝不可日有
■電話番号:075-871-0071

10.【京都府京都市】妙心寺 退蔵院

出典:退蔵院

「妙心寺 退蔵院」は、年間通して拝観が可能な妙心寺の塔頭寺院。紅葉が楽しめるのは、昭和の名園のひとつといわれる池泉回遊式庭園「余香苑」。春のしだれ桜でも有名な庭園ですが、紅葉も非常に美しく、秋にも多くの人がその光景を見に訪れます。
正面から庭園を見渡すと奥行きが生まれて広く見える工夫がされているそうで、苔の緑ともみじの赤とのコントラストも美しいです。

出典:退蔵院

また、境内の茶席「大休庵」では、お抹茶をいただきながら紅葉を見ることができます(一服500円・お菓子付)。「大休庵」はどこからでも庭園が一望できるようになっており、ガラス張りの襖に縁取られた紅葉の風景もまた一興です。

【拝観料】
一般600円、小中学生300円

「妙心寺 退蔵院」
■住所:京都府京都市右京区花園妙心寺町35
■アクセス:JR「花園駅」より徒歩7分
■拝観時間:9:00〜17:00(受付終了)
■定休日:なし
■電話番号:電話番号:075-463-2855

11.【奈良県桜井市】長谷寺

五重塔と紅葉の競演を見ることができる

“花の御寺”として有名な「長谷寺」は、梅や桜、牡丹、アジサイ、睡蓮、金木犀、ツツジ、山茶花など、四季折々の美しい花を眺めることができる、花の名所です。
秋は赤や黄、茜色に染まった美しいグラデーションの紅葉を目当てに、多くの人が訪れています。

紅葉が反射して空間全体が真っ赤に

2021年12月5日(日)まで開催中の「長谷寺もみじ・秋季特別拝観」では、長谷寺本坊大講堂特別拝観(別途500円要)や本尊大観音特別拝観(別途1,000円要)などを行っています。
普段は立ち入り禁止となっている国宝本堂へ入ることができ、観音さまのお御足(おみあし)に直接触れてお参りができます。

【入山料】
大人・中高生500円、小学生250円

「長谷寺」
■住所:奈良県桜井市初瀬731-1
■アクセス:近鉄「長谷寺駅」から徒歩15分
■営業時間:9:00~17:00、12月は16:30まで
■定休日:なし
■電話番号:0744-47-7001

12.【奈良県奈良市】奈良公園

浮見堂周辺など園内全体が色鮮やかに染まる

「春日大社」や「興福寺」、「東大寺」など歴史的文化遺産や社寺が点在する「奈良公園」。約1,300頭の野生のシカが生息していることでも有名です。
約660haの広大な敷地では、秋になるとサクラやイチョウなどが色づいてきます。世界遺産に登録されている春日山原始林を周回する全長約9.4kmの春日山遊歩道では、ピクニック気分で紅葉を楽しむことができます。

紅葉時期しか見ることのできない景色を

「猿沢池園地」や「浮雲園地」、「浅茅ヶ原園地・浮見堂」など見どころもたくさん。野生のシカと一緒に紅葉を満喫できるのも魅力ですね。

秋はオスのシカが発情期に入るため、気が荒くなっていて人に襲いかかることがあります。
シカを叩いたり、追いかけたり、いたずらをしないようにしましょう。また鹿せんべい以外の食べ物も与えないようにしましょう。

「奈良公園」
■住所:奈良県奈良市春日野町 ほか
■アクセス:近鉄「奈良駅」から徒歩約8分、JR奈良駅から奈良交通バス(市内循環・外回り)で「県庁前」下車、もしくは目的の社寺や施設名のバス停で下車
■営業時間:終日開放(吉城園は9:00〜17:00 ※最終入園16:30)
■定休日:なし(吉城園は2月15日〜2月末日)
■電話番号:0742-22-0375

13.【奈良県生駒郡】奈良県立竜田公園

古くから紅葉の名所として親しまれてきた「奈良県立竜田公園」は、平安歌人・在原業平や納因法師の和歌にも登場するほど歴史が古い場所でもあります。

南北約2kmに渡って竜田川河畔が遊歩道として整備されているので、散策しながらゆっくりと紅葉を楽しめますよ。堂山橋東側が見どころのほか、竜田川の川面に映る紅葉や川に浮かぶ落ち葉の姿に癒されることでしょう。
※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、「紅葉まつり」は今年度中止

【料金】
入園無料

「奈良県立竜田公園」
■住所:奈良県生駒郡斑鳩町稲葉車瀬2-553
■アクセス:JR「王寺駅」より奈良交通バス「法隆寺前」行約5分、バス停「竜田大橋」から徒歩5分
■時間:24時間散策可能
■電話番号:0745-56-3851(奈良県中和公園事務所)

14.【奈良県天理市】長岳寺

1万2千坪もの広大な敷地にある「長岳寺」の紅葉は、「全国紅葉百選」にも選ばれた紅葉の名所。「長岳寺」は、仏像5体と建造物4棟が国指定重要文化財にもなっており、奈良の歴史を辿るうえでも外せないスポットと言えるでしょう。

歴史あるお寺で、赤く染まる紅葉を心静かに楽しんでみてはいかがでしょうか。

【拝観料】
大人400円、大学生・高校生350円、中学生300円、小学生250円、小学生未満無料

「長岳寺」
■住所:奈良県天理市柳本町508
■アクセス:JR「柳本駅」から徒歩20分、近鉄「天理駅」「桜井駅」からバスに乗り「上長岡」下車、徒歩10分
■拝観時間:9:00~17:00
■電話番号:0743-66-1051

15.【奈良県生駒郡】信貴山 朝護孫子寺

「朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)」は、奈良県生駒郡に位置する毘沙門天王の総本山。境内はとても広く本堂までのルートが複数あることから、さまざまな道を散策しながら紅葉を楽しむことができます。

伽藍が連なる境内を中心に、約1,000本ものもみじが山を彩る光景はまさに圧巻!
「とことん自然に触れたい!」「空気の綺麗な場所で紅葉を眺めたい」という方には、ぴったりのスポットと言えるでしょう。

【拝観料】
無料

「信貴山 朝護孫子寺」
■住所:奈良県生駒郡平群町信貴山2280-1
■アクセス:近鉄「信貴山下駅」から奈良交通バス「信貴大橋」下車徒歩約5分
■拝観時間:9:00~17:00
■電話番号:0745-72-2277

まとめ

今回は、関西の紅葉スポットを15選ピックアップしてご紹介しました。赤や黄色に染まる見事な景色を眺めに、お出かけしてみてはいかがでしょうか。

大阪・京都・奈良それぞれの紅葉スポット紹介記事もあるので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

※各スポットの「新型コロナウイルス感染拡大予防対策」はHPでご確認ください。

※紅葉の状況は変化するため、現在の色づき具合につきましては事前に公式サイト等をご確認ください。

※最終更新日:2021年11月12日

※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。