奈良のシカ愛護月間 交通事故からシカを守る!啓発活動

© 奈良テレビ放送株式会社

 11月は「奈良のシカ」愛護月間です。シカを交通事故などから守ろうと奈良公園周辺ではきょう、啓発活動が行われました。

 奈良の鹿愛護会では、シカの発情期にあたる11月を愛護月間に定めて、正しい接し方などを観光客らに伝えています。きょうは、職員らが奈良公園周辺でシカへの注意を呼び掛ける反射鏡などの汚れを落としたほか、ドライバーから見やすいようにと標識の歪みを直していきました。

愛護会によりますと、今年7月までの1年間に奈良公園のシカが関係する交通事故が193件発生していて、過去10年間でもっとも多い件数となっています。

奈良の鹿愛護会・板倉誉明さん

「奈良公園の中に道路が走っていますし、シカがいつ飛び出してきても止まれるようにシカに優しい運転を心掛けて欲しいと思います。」