インターンシップ先で社員に聞きづらいこと1位は「年収」、2位は?

© 株式会社マイナビ

マイナビは11月15日、「マイナビ2023年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(10月)」を発表した。調査は10月20日~31日、2023年3月卒業見込みの全国の大学3年生および大学院1年生4,192名(文系2,740名、理系1,452名)を対象にWEBで行われた。

SNS・ソーシャルメディアでインターンシップ・就活関連の情報収集をしているかを聞いたところ、62.7%が「している」と回答。使用しているツールは、「LINE(オープンチャット含む)」(51.9%)、「Instagram」(45.4%)、「Twitter」(42.0%)が上位にあがり、ハッシュタグ「#23卒」「#就活」で検索するといったコメントや、「YouTubeで面接対策動画を見ている」というコメントが寄せられた。

インターンシップ・就活準備専用のSNSアカウントの保有状況を尋ねたところ、学生の22.4%が「持っている」「今後作る予定」であることが明らかに。それに向けてSNSの利用方法を見直したことがあるかを聞いたところ、「匿名や非公開で使っていたため見直しはしていない」(38.8%)、「見られて困ることは無いので今まで通り実名で利用」(34.1%)という回答が多かった一方、「非公開設定にした」(17.4%)、「特定されないような名前・アイコンに変更した」(9.3%)といった回答も見られた。

次に、インターンシップ・ワンデー仕事体験に参加した企業から、参加後に連絡があったかどうかを聞いたところ、72.4%が「一度以上連絡があった」と回答。連絡の内容を聞くと、「次回もしくは別のインターンシップ情報」(78.9%)や「インターンシップ参加者限定のイベント情報」(29.3%)が上位に。

また、インターンシップ先で社員に聞きたいことを教えてもらったところ、8割近くの学生が「具体的な仕事内容」(76.8%)と回答。一方、「聞きたいが聞きづらいこと」としては、「年収」(56.6%)が最も多く、次いで「残業や休日出勤の実情」(35.2%)、「辞めたいと思ったことがあるか」(30.7%)と続いた。