スマホで簡単にできるJAFのスタンプラリーに挑戦して特産品をゲットしよう!

© 奈良テレビ放送株式会社

 JAF(日本自動車連盟)が、昨秋に引き続き、「おうちでスタンプラリー」を開催しています。実際にドライブして巡るスタンプラリーではなく、スマートフォンさえあればどこにいても参加できます。JAF会員でなくてもOK!

スタンプを集めて応募すれば、自治体がおすすめする地域の特産品が当たるチャンスもあります!日本遺産に認定された、大阪から奈良を結ぶ最古の国道「竹内街道・横大路(大道)」と、相撲ゆかりの地、葛城市・香芝市・桜井市の3市が連携した「大和まほろば相撲ゆかりの地」の2つのコースを学びながら巡るバーチャル旅。それぞれどんな魅力があるのか、JAF奈良支部推進課会員事業係の松田美優さんと田中綾香さんに伺ってきましたのでご紹介します。

竹内街道・横大路(大道)おうちでスタンプラリー

ご紹介くださるのは、JAF奈良支部の松田美優さん。

―――おうちで遊ぶスタンプラリーとは、どのようなものか教えていただけますでしょうか?

松田:スマートフォンを使ってJAFのWEBサイトにアクセスしていただき、観光スポットの紹介動画をヒントに「キーワード」を解いていくと、スタンプをゲットできます。遊びながら観光気分を味わっていただくという、バーチャルなスタンプラリーです。本来なら、カーライフを楽しんでいただきたいのですが、コロナ禍の中でも観光を楽しめる方法はないかと、大阪府と奈良県の自治体と協力して企画しました。

―――それは楽しそうですね。どこを巡るのでしょうか?

松田:日本遺産に登録された難波(なにわ)から飛鳥を結ぶ「竹内街道・横大路(大道)」を巡っていただきます。推古天皇21年(613年)、「難波(なにわ)より京に至る大道(だいどう)を置く」と『日本書紀』に記述されている事から、日本最古の国道と言われているんですよ。1400年以上の歴史の中で、古代には大陸からの使節団が先進技術や仏教文化を伝え、中世には経済都市を結び、近世には伊勢参りに宿場町として賑わったため、場所ごとにさまざまな見どころがあります。

大陸外交の玄関港であった難波津と大和飛鳥の都を東西の直線で敷設された竹内街道・横大路(大道)

―――今年のスタンプラリーは昨年とどう違うのですか?

松田:スタンプのスポットが1カ所増えて11カ所になりました。ウォーキングガイドツアー体験動画というのが新しく入り、街道沿線市町村で実施している「街道祭り」を、今年はオンラインで楽しめるようになっています。またスポットの場所も、橿原市の今井町や大阪市の四天王寺が入るなど、前回と変わっていますので、昨年参加いただいた方にも楽しんでいただけるかと思います。クイズをクリアしてコンプリートしていくと達成感もありますので、ぜひチャレンジしてみてください。そして、スタンプを集めて応募すると、各自治体の特産品が抽選で当たるんですよ!

―――わあ~!どんなものが貰えるんですか?

特賞は、奈良県と大阪府の10自治体の各種特産品詰合せセット。
奈良県賞は、レトルトすき焼き、しょうがの佃煮、談山貴醸酒などの詰合せなど。大阪府賞は、いちじくソース、古墳型昆布入り煎茶ティーバッグなどの詰合せなど。

松田:11個全てのスタンプをコンプリートして応募すると、特賞が1名様に当たります。スタンプ2個の応募で、大阪府賞と奈良県賞が各2名様に当たります。どちらも抽選に外れた方の中から30名様に市町村賞として何らかの特産品が当たります。

こちらをクリックしてチャレンジしてみてくださいね。

竹内街道・横大路(大道)おうちでスタンプラリー

大和まほろば相撲ゆかりの地おうちでスタンプラリー

ご紹介くださるのは、JAF奈良支部の田中綾香さん。

―――ドライブスタンプラリーで巡る相撲ゆかりの地とは、奈良のどこなんでしょうか?

田中:奈良県葛城市・香芝市・桜井市の3市です。垂仁天皇の時代、力持ちで名を馳せる當麻蹶速(たいまのけはや)と野見宿禰(のみのすくね)という二人の豪傑が天覧試合で力比べをしたと『日本書紀』に記録が残っていて、これが相撲の起源とされているんです。スタンプラリーは、天覧試合が行われた場所とされる相撲神社のある桜井市から3スポット、両名の決闘の地として伝えられる腰折田がある香芝市から3スポット、當麻蹶速塚がある葛城市から3スポットをご紹介しています。相撲にまつわる問題がクイズになっているので、豆知識としても役立って、おもしろいと思いますよ。気になった場所があれば、ぜひ実際に足を運んでいただきたいですね。

相撲ゆかりの地である桜井市、香芝市、葛城市。

―――田中さんのおすすめの場所はどこですか?

田中:一箇所に絞るのは難しいですね。葛城市の當麻蹶速塚の前にある相撲館「けはや座」には、子ども時代の徳勝龍が稽古をした土俵があります。また、香芝市の腰折田(こしおれだ)伝承地には、昔サイズの土俵が再現されていて、実際に立ってみるとそのサイズ感に驚きますよ。そうそう、桜井市の十二柱神社に行かれたら、狛犬の台座に注目して欲しいです。4人の力士が支えていて、それぞれ違う表情も見ていただけたらおもしろいと思います。

十二柱神社の狛犬は、4人のお相撲さんが台を持ち上げています。

―――こちらの賞品はなんでしょうか?

昔ながらの酒造会社が多い桜井市、香芝市、葛城市の特産品でもある地酒。

田中:9スポット全てコンプリートしてスタンプを集めたらプレゼントに応募していただけます。それぞれの自治体おすすめの地酒が抽選で30名様に当たります。こちらをクリックしてぜひチャレンジしてくださいね!

大和まほろば相撲ゆかりの地おうちでスタンプラリー

―――どのスポットも動画を見ることで行った気分になれて、しかもプレゼントが当たるかもしれないというワクワク感があるのがいいですね。実際にドライブして訪れてみたくもなりました。これらのスタンプラリーはいつまでやっているんですか?

田中:どちらのスタンプラリーも2022年1月末まで開催しています。賞品の発送は2月下旬です。今、こういう時期だからこそ、まずはおうちでスマートフォン片手にスポットを巡っていただき、予習をしてアフターコロナに実際に足を運んでいただければ嬉しいなと思います。

―――ぜひ挑戦してみたいと思います!ありがとうございました。

■スタンプラリー参加・操作方法の問合せ先

JAF総合案内サービスセンター(ナビダイヤル有料) 0570-00-2811

受付時間 9:00~17:30(年末年始休業)

※通話料有料(固定電話1分/11円・携帯電話20秒/11円)

※通話定額プランをご利用の方は、048-840-0036へお電話ください。

期  間 2021年11月1日~2022年1月31日

※この記事は取材当時の情報です。