納税表彰式・感謝状贈呈式

© 奈良テレビ放送株式会社

 納税制度の普及などに功績のあった人を称える表彰式が、きょう、奈良市内で開かれました。

 表彰式は、今月11日から17日までの「税を考える週間」に合わせて行われています。奈良納税協会の植野康夫会長が「卓越した指導力と行動力で功績をあげられたことに深く感謝します」と述べました。そして、長年、納税制度の普及や教育の推進に貢献した13人に表彰状や感謝状が手渡されました。

続いて今年度、「税についての作文」で全国納税貯蓄組合連合会会長賞に選ばれた奈良市の中学生・告井優那さんによる作文の朗読がVTRで紹介されました。

作文では、「新型コロナウイルスのワクチン接種が税金でまかなわれている」ことから、「税は当たり前の生活を取り戻すことに役立てられている」と税の役割に気付いた経験が紹介されていて、出席した人たちの共感を集めていました。