医学部の地域枠、改善を要請

「人権侵害」と医師労組ら

© 一般社団法人共同通信社

大学医学部の地域枠について記者会見する労組「全国医師ユニオン」の植山直人代表=19日午後、東京都内

 地域医療に従事する医師養成のため大学医学部に設けられた「地域枠」を巡り、勤務医でつくる労働組合「全国医師ユニオン」などが19日、東京都内で記者会見した。医師ユニオンなどは地域枠の制度では奨学金の利息が高く、返済免除の要件として卒業後に義務付けられる地域勤務の期間も長すぎるなど、人権侵害に当たりかねないと説明。厚生労働省に改善を要請した。

 会見したのはユニオンのほか、医学生でつくる「全日本医学生自治会連合」と日本労働弁護団。ユニオンの植山直人代表は「目先の医師不足を人権侵害の滅私奉公により解決しようとするものだ」と批判した。