試合の主導権握るもリードを守りきれず惜敗 オータムフレッシュin静岡 中京大戦

© 慶應スポーツ新聞会

11月19日(金)大学野球オータムフレッシュリーグin静岡 中京大戦 @草薙球場

適時打を放ち塁上で喜ぶ清原

慶大のオータムフレッシュリーグin静岡の初陣となった中京大との一戦。慶大は3回に清原正吾(商1・慶應)の2点適時打で先制すると、4回にも杉山勇征(商1・清水東)の右前適時打で追加点を奪う。しかし、試合中盤にリリーフ陣が打ち込まれ5失点を喫し逆転を許す。慶大は試合終盤に逆転が期待される場面が何度か訪れたものの、あと一本が出ずに、4ー5で敗戦した。

中京大	0	0	0	0	2	3	0	0	0	5
慶大	0	0	2	1	0	0	1	0	0	4

中京大バッテリー:清水、○漢人、磯貝-牧山

慶大バッテリー:谷村然、●宮野、前田、駒形、福住-宮崎、永田、本間

◆慶大出場選手

1	[4]	古野幹(理1・岸和田)
2	[8]	吉川海斗(法2・慶應)
3	[9]	関展里(環2・慶應)
4	[3]	清原正吾(商1・慶應)
5	[7]	栗林泰三(環2・桐蔭学園)
H	村上真一朗(文2・城北)
R	高山起(総3・松本深志)
7	一尾颯志(理1・岡崎)
6	[5]	水鳥遥貴(商1・慶應)
7	[2]	宮崎恭輔(環2・國學院久我山)
2	永田大貴(商2・岐阜北)
H	斎藤來音(環2・静岡)
2	本間颯太朗(総1・慶應)
8	[D]	佐藤一朗(商2・慶應)
HD	小川尚人(環2・三重)
9	[6]	杉山勇征(商1・清水東)
R	新井朝陽(環1・三重)
[1]	谷村然(環2・桐光学園)
1	宮野凛太郎(商3・慶應)
1	前田直人(経2・慶應湘南藤沢)
1	駒形凌(総2・慶應)
1	福住勇志(商1・慶應)

今年で4度目の開催となったオータムフレッシュリーグin静岡。慶大は中京大との初陣に臨んだ。マウンドには先日の秋季フレッシュリーグでも好投を見せた谷村然(環2・桐光学園)が上がる。谷村は序盤からランナーを背負っての投球が続くが、130キロ台後半の直球で相手打線をねじ伏せ、反撃の糸口をつかませない。

先発し4回無失点と好投した谷村然

谷村の好投に応えたい打線は3回、2死から二者連続の安打と死球で満塁とすると、4番・清原がレフト前へ強烈な2点適時打を放ち、先制に成功する。続く4回は先頭の水鳥遥貴(商1・慶應)がセーフティバントで出塁し、さらに四球でチャンスを広げると、杉山が右前適時打を放ち追加点をあげ、3ー0と試合の主導権を握る。

適時打を放った杉山

しかし、5回からマウンドに上がった宮野凛太郎(商3・慶應)が中京大打線に捕まる。この回4本の安打を浴び、2失点。続く6回には1死一、二塁とした場面で前田直人(経2・慶應湘南藤沢)に継投するも、代打・岸田明翔(スポ1・松山聖陵)の中前適時打で同点とされ、さらに押し出し死球と犠飛で逆転を許してしまう。

2回無失点と好リリーフした駒形

4回途中からマウンドに上がった2番手・漢人友也(スポ3・常葉大菊川)に抑え込まれていた慶大打線だったが、7回に相手のエラーをきっかけにチャンスを作り、内野ゴロの間に1点を挙げる。しかし8回、無死一、三塁という絶好のチャンスを作るも無得点に終わってしまう。そのまま試合は最終回を迎え、慶大は土壇場で2死一、二塁とし、一打サヨナラの好機を迎える。チーム全員の期待がかかる場面で打席には清原。サヨナラ打が期待されるも、3番手・磯貝和賢(スポ2・中部大第一)の直球に詰まらされ投ゴロで試合終了。慶大のオータムフレッシュリーグ初陣は惜敗に終わった。

猛打賞を記録した吉川

幸先良く先制し、慶大が試合の流れを掴んだかのように思われたが、リリーフ陣が打ち込まれてしまった。また、試合終盤に走塁ミスで逆転のチャンスを潰してしまう光景が何度か見られた。残り2日間では、投打が噛み合った慶大野球が繰り広げられることに期待したい。

(記事:金子拓登、写真:竹田桜子)

◆打撃成績

1	[4]	古野	二ゴロ	右安	見三振	中失	中飛
2	[8]	吉川	投ゴロ	左安	遊安	空三振	右安
3	[9]	関	四球	死球	空三振	三ゴロ①	四球
4	[3]	清原	右飛	左安➁	空三振	空三振	投ゴロ
5	[7]	栗林	空三振	左飛	三ゴロ
H	村上	中2
R	高山
7	一尾
6	[5]	水鳥	左飛	投安	二ゴロ	中安
7	[2]	宮崎	空三振	右飛
2	永田	中飛
H	斎藤來	空三振
2	本間
8	[D]	佐藤一	中安	四球
HD	小川尚	中飛	空三振
9	[6]	杉山	二併	右安①	遊ゴロ	三失
R	新井

◆投手成績

谷村然	4	14	51	3	3	0	0	0
宮野	1 1/3	9	39	4	1	1	3	3
前田	0 2/3	5	17	1	0	1	1	1
駒形	2	7	31	0	3	1	0	0
福住	1	3	9	0	0	1	1	1

◆選手コメント

清原正吾(商1・慶應)

チームが勝ちきれなかったこと、そして僕自身最後の場面で凡退してしまったことがとても悔しいです。残りの2日間、チームが勝てるように一生懸命頑張っていきたいと思います。