中学生が『旧陸軍菊池飛行場』の空襲の様子を紙芝居にし発表会(熊本)

© テレビ熊本

菊池市の中学生が『旧陸軍菊池飛行場』の空襲の様子を紙芝居にし20日発表会をおこないました。
紙芝居を披露したのは菊池市立泗水中学校の2年生有志です。
今年8月、菊池飛行場の少年飛行兵だった男性から空襲の体験談を聞き取り、21枚にわたる紙芝居を完成させました。
【中学生の紙芝居発表ON】
「この中にはたくさんの戦友がいるはずだ。急いで掘り起こせ!」「なんとか息ができるように顔だけ出してあげた戦友たちは機関銃の標的になり無残にも顔を撃たれていたのです」
菊池飛行場は太平洋戦争末期に特攻機の中継基地となり多くの少年兵が犠牲になった場所です。
生徒たちは空襲で生き埋めになった戦友が機銃掃射を受けるシーンなどを平和への願いを込めながら披露していました。