打線繋がらず、引き分けに終わる オータムフレッシュin静岡 東海大海洋学部戦

© 慶應スポーツ新聞会

11月20日(土)大学野球オータムフレッシュリーグin静岡 東海大海洋戦 @清水庵原球場

同点に追い付く適時打を放った古野

昨日の苦い敗戦から一夜明け、どうにかして一勝を掴みたい慶大は東海大海洋学部との一戦に挑んだ。試合は慶大が初回に相手投手の暴投で先制するが、3回表に相手に同点とされ、6回表には逆転される。慶大は、その直後に追い付くがあと一本が出ず、試合は連盟規定により引き分けの結果となった。

東海大海洋	0	0	1	0	0	1	0	0	0	2
慶大	1	0	0	0	0	1	0	0	0	2

東海大海洋バッテリー:宮原、須田、佐藤-高久

慶大バッテリー:中村、梶谷、向井、宮野、前田-本間、永田

◆慶大出場選手

1	[6]	杉山勇征(商1・清水東)
2	[D]	小川尚人(環2・三重)
HD	吉川海斗(法2・慶應)
3	[4]	古野幹(理1・岸和田)
4	[5]3	清原正吾(商1・慶應)
H	斎藤來音(環2・静岡)
5	[7]	村上真一朗(文2・城北)
H	新井朝陽(環1・三重)
6	[8]	水鳥遥貴(商1・慶應)
7	[9]	栗林泰三(環2・桐蔭学園)
H	堀翔太(文1・日本大学)
9	一尾颯志(理1・岡崎)
8	[2]	本間颯太朗(総1・慶應)
H8	関展里(環2・慶應)
9	[3]5	高山起(総3・松本深志)
2	永田大貴(商2・岐阜北)
[1]	中村公祐(商3・市川)
1	梶谷直史(商2・慶應湘南藤沢)
1	向井颯之介(商1・西宮)
1	宮野凛太郎(商3・慶應)
1	前田直人(経2・慶應湘南藤沢)

昨日の中京大戦を悔しい結果で終えた慶大にとって、今回の東海大海洋学部との試合は負けられない一戦。慶大の先発を任された中村公祐(商3・市川)は初回からピンチを招くも、無失点で切り抜ける。その裏、先頭打者の杉山勇征(商1・清水東)の中安打で出塁すると、続く2番・小川尚人(環2・三重)も死球で出塁。さらに3番・古野幹(理1・岸和田)の犠打で1死二、三塁とし流れを引き寄せると、相手投手の暴投の間に先制する。しかし、3回表に無死から三塁打と守備の乱れで同点とされてしまう。

先発し3回1失点と好投した中村

しかし、4回から登板した2番手・梶谷直史(商2・慶應湘南藤沢)は2回を無失点で抑え、流れを東海大海洋に渡さなかった。なんとか追加点が欲しい慶大は、その裏の清原正吾(商1・慶應)の左安打や、5回にも2死から高山起(総3・松本深志)がバント安打で出塁するも、その後の打線は繋がらなかった。

2戦連続安打と好調の吉川

試合が動いたのは6回表、東海大海洋に1死から出塁されると、暴投などで三塁まで塁を進められる。ここを抑えたかった梶谷だったが、4番・岡崎元貴(1年・岩倉)に安打を浴び、追加点を許す。しかしその裏、無死で代打・吉川海斗(法2・慶應)が左翼への安打で出塁し、さらに盗塁成功で無死二塁とする。久しぶりに得点圏に走者を進めた慶大は、続く古野が球を捉え2点目とし、試合を再び振り出しに戻した。盗塁を決め2死二塁と更なるチャンスを迎えるが、追加点とはならなかった。

今大会初登板で1回無失点の向井

同点で迎えた9回裏、代打・新井朝陽(環1・三重)が相手遊撃手の失策でサヨナラの走者として出塁するが、その後の打者が塁を進めることができず、最後は盗塁死で試合終了した。試合は、連盟の規定により引き分けの結果となった。