3回目接種の判断基準を要請

全国知事会、国へ緊急提言

© 一般社団法人共同通信社

オンラインで開かれた全国知事会の新型コロナウイルス対策本部会合=21日午前、東京都千代田区の都道府県会館

 全国知事会は21日、新型コロナウイルス対策本部をオンラインで開き、国への緊急提言を大筋でまとめた。3回目のワクチン接種時期を巡る国の方針があいまいだとして、自治体が時期を判断するための基準を接種が始まるまでに示すよう要請。感染状況を5段階のレベルに分けて評価する新指標については、具体的な目安を盛り込んだ指針の策定を求めた。

 会合で飯泉嘉門徳島県知事は「方針が二転三転し、現場は大変混乱している」と指摘。知事会長の平井伸治鳥取県知事は「6カ月の例外はどのような場合なのか。政府は情報をつまびらかにし、自治体の協力を求める必要がある」と述べた。