【野球】投打噛み合いコールド勝利、4冠へ好発進を切る 明治神宮野球大会1回戦 東農大北海道オホーツク戦

© 慶應スポーツ新聞会

11月21日(日)明治神宮野球大会1回戦 東農大北海道オホーツク戦 @明治神宮野球場

先発として好投した増居

大事な初戦の先発は増居翔太(総3・彦根東)。初回から打たせて取る投球で流れを作ると、2回に4番・正木智也(政4・慶應)、廣瀬隆太(商3・慶應)の連続本塁打で先制に成功する。援護を受けた増居は6回1安打無失点と抜群の安定感で付け入る隙を与えなかった。打線はその裏、相手の野選と代打・綿引達也(商4・慶應)、1番・萩尾匡也(環3・文徳)の連続適時打で3点を追加。7回にも2点を加え、大会規定により7回コールド勝利を収めた。

東農北海	0	0	0	0	0	0	0	0
慶大	0	2	0	0	0	3	2X	7

農大バッテリー:●林、伊藤茉、石澤-古間木

慶大バッテリー:○増居、生井-善波、福井

◆慶大出場選手

1	[7]	萩尾匡也(環3・文徳)
2	[8]	渡部遼人(環4・桐光学園)
3	[5]	下山悠介(商3・慶應)
4	[3]	正木智也(政4・慶應)
5	[4]	廣瀬隆太(商2・慶應)
6	[2]	朝日晴人(環3・彦根東)
7	[9]	橋本典之(環4・出雲)
H	若林将平(環4・履正社)
8	[6]	朝日晴人(環3・彦根東)
H	北村謙介(総3・東筑)
2	福井章吾(環4・大阪桐蔭)
9	[1]	増居翔太(総3・彦根東)
H	綿引達也(商4・慶應)
1	生井惇己(総3・慶應)

涙の春秋連覇から1ヶ月弱、4冠へ向けて最後の戦いが幕を開けた。1日でも長くこのチームで野球をするため、残りの3試合を一戦必勝で戦い抜く。

大事な初戦のマウンドに上がったのは増居。直球で相手打者を差し込むなど、2イニングを完璧に抑えてチームに流れを呼び込む。増居の好投に応えたのは4番・正木だった。2回裏、先頭打者として打席に入ると、外角直球を強振。打球は右翼席へ飛び込み、復調を印象付ける先制の一撃となった。続く5番・廣瀬も良い角度で右中間へ飛び、そのままスタンドへ。主軸のアベックアーチで幸先良く2点を先制した。

復活の1発を放った正木

援護を受けた増居は安定感抜群の投球を披露。5回、6回には渡部遼人(環4・桐光学園)が好守を見せるなど、味方の守備にも支えられながら試合を作る。主将・福井章吾(環4・大阪桐蔭)に代わってマスクを被った善波力(商2・慶應)のリードも光り、6回1安打無失点と先発として完璧な役割を果たした。

善波の好リードが光った

2回以降得点を奪えずにいた打線は6回。正木、廣瀬の連打から1死二、三塁のチャンスを作ると、相手の野選で1点を追加。さらに、代打・綿引、1番・萩尾の連続適時打で2点を加え、試合を決定付けた。

代打で適時打を放った綿引

7回には生井惇己(総3・慶應)が登板。力強い速球を武器に危なげない投球を見せた。直後の攻撃、3番・下山悠介(商3・慶應)が二塁打を放つと、廣瀬の適時打でさらに1点を追加。その後、連打で満塁のチャンスを作り、途中出場の福井が相手の意表を突くスクイズ。廣瀬が7点目のホームを踏み、連盟規定により7回コールドで初戦突破を果たした。

廣瀬が猛打賞を記録した

チームの要である福井がスタメンを外れるという難しい状況だったが、スタメンに抜擢された善波が躍動。増居を上手くリードし、自身も安打を放つなど福井の穴を埋めてみせた。打線では廣瀬が猛打賞を記録するなど好調だ。また、リーグ戦では調子を落としていた正木が復調。次戦に弾みを付ける特大の1発を放ち、チームに勢いをもたらした。続く試合の先発にはエース・森田が予想される。増居から良い流れを受け継ぎ、貫禄の投球を見せてもらいたい。

(記事:林亮佑、写真:國本葉月)

◆打撃成績

1	[7]	萩尾	二ゴロ	見三振	捕犠打	左安①
2	[8]	渡部遼	遊ゴロ	左飛	左邪飛	空三振
3	[5]	下山	二ゴロ	中飛	左飛	右2
4	[3]	正木	右本①	四球	遊安	見三振
5	[4]	廣瀬	右中本①	中飛	右安	中安①
6	[6]	朝日	一ゴロ	右安	捕犠打	左安
7	[9]	橋本典	遊ゴロ	中飛	二ゴロ野選
H	若林	左安
8	[2]	善波	空三振	中安
H	北村	三邪飛
2	福井	投犠打①
9	[1]	増居	二ゴロ	四球
H	綿引	中安①
1	生井

◆投手成績

増居	6	20	73	1	3	0	0	0
生井	1	4	11	0	0	1	0	0

◆選手コメント

増居翔太(総3・彦根東)

序盤から自分の持ち味を発揮することができました。捕手の善波が初出場にも関わらず、落ち着いたリードで安心して投げることができ、勝ててよかったです。次の試合に向けて頑張ります。