【インド】ホンダ、ラジャスタンに技能訓練センター[車両]

© 株式会社NNA

開所式には技能訓練校の関係者も出席した(HMSI提供)

ホンダのインド法人ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア(HMSI)は17日、若者に二輪車の修理やメンテナンスの実務を教える技能訓練センターを西部ラジャスタン州ジョードプルに開所した。同社にとって44カ所目となるセンターで、同州での設置は今回が初めて。

HMSIは、インド政府が展開する技能訓練校の中に二輪の整備を学べるよう、研修教材や設備を提供する活動を展開している。これまで計3,000人以上が同社の研修プログラムを修了した。

1年間の課程を終えた優秀な学生には、HMSIのディーラーで就労できるように支援する。新型コロナウイルス禍の影響で、手に職を付ける機会に恵まれなかった若者への就職支援と同時に、人材不足を解消する狙いがある。インドの二輪車業界では、政府の排出ガス規制の強化で技術力のある人材への需要が高まっている。

HMSIのプラディープ・パンデイ上級副社長(アフターセールス担当)は開所式で、技能訓練センターを今後さらに増やしていく考えを明らかにした。