奈良の人気秘境「明日香村」大人の楽しみ方~虎の巻~ 初めての明日香村観光 おすすめモデルコース編

© 株式会社マイナビ

飛鳥時代のスーパースター、聖徳太子。その“ふるさと”といえば、奈良県のほぼ真ん中に位置する「明日香村」です。村内は歴史的に見ても、ビッグネームなスポットが多く、“村まるごと遺跡”といっても過言ではないほど、見どころが多い場所。ひとたび古墳や遺跡の見学会を行えば、村の人口よりも多い、1万人クラスの歴史ファンが全国から大集結することも……!

また近年は、おしゃれなカフェも急増中。歴史ファンならずとも、ゆるい時間を過ごせる「チル旅」の旅先としても注目です。

今回は、そんな「明日香村」にフォーカス。全6回に分けて、さまざまな視点から楽しみ方をご紹介します。第1回目のテーマは、初めて訪れる人におすすめの半日モデルコース。「明日香村」のイロハを知る旅へ、お連れします!

【13:00】古都ならではの駅!ほっこり感漂う「飛鳥駅」

喧騒から抜け出して、のどかな町並みが広がる明日香村へ。

まず足を運んだのは、旅の玄関口となる近鉄吉野線「飛鳥駅」。こちらの駅は、駅前がきれいに整備され、広々としています。

棚田状の花壇に無造作に置かれたパネルは、かつて極彩色壁画の出現により日本で空前の“古代史ブーム”を巻き起こした、あの国宝「高松塚古墳」の壁画がモチーフです。

パネルに近づいてみると、女子群像や男子群像の登場人物だけでなく、東西南北の壁に描かれた四神まで!さすが、古都・明日香村。ほっこりしてるけど、実はスゴイ。駅前の装飾もオンリーワンです。

駅前にある「飛鳥総合案内所 飛鳥びとの館」は、「道の駅 飛鳥」の施設の一つ。観光パンフレットも豊富にあり、明日香村のお土産もたくさん。コンシェルジュが常駐しているので、旅の相談を気軽にできるのも嬉しいところです。

あちこち観光したい人なら、ここでお得に明日香村巡りができる「飛鳥王国パスポート」を入手するのがベスト。1冊100円で、各種割引チケット付き。観光ポイント、スタンプ帳、MAPなどなど、いろいろ活用できます。

【13:30】「あすか夢販売所」でご当地ソフトクリームを満喫

「道の駅 飛鳥」の「あすか夢販売所」には、明日香村へ来たらぜひ一度は食べてほしいソフトクリームがあるんです。

それが、この「あすかルビーのソフトクリーム」。奈良が誇る赤い宝石「あすかルビー」を使ったソフトクリームで、フレッシュないちごをがぶっとかじっているような贅沢な味わい。一口ごとに甘い幸せを感じられます。

【14:15】フォトジェニックな日本の原風景が広がる「稲渕棚田」

「飛鳥駅」から車で約10分。やってきたのは、奈良県で唯一、日本の棚田百選に選ばれた、奥飛鳥にある「稲渕棚田」です。

美しい里山の風景に、ふわりと風香る稲の香り……。秋の彼岸頃には、田んぼのあぜに真っ赤な彼岸花が咲き誇り、田んぼに水が入る初夏(6月始め頃)の田植えの時期には、きれいな水鏡が広がります。

「稲渕棚田」で“ゆるさ”をとことん楽しむイベントといえば、秋に行われる「案山子コンテスト」。毎年、その年に話題になった人物や人気キャラの案山子が登場し、見る人の目を楽しませています。

2021年は「マスクの似合う案山子」がテーマ。棚田のあちこちに、マスクを付けたスポーツ選手や時の総理大臣、アニメのキャラたちが、明日香村で独自の進化を遂げています。

ちなみに「優秀賞」の一つは、圧倒的パワーを放つ、鬼滅の刃の炭治郎&禰豆子でした。よく見ると、分身しすぎた禰豆子も、ちゃんと全員マスクを付けています。

「案山子コンテスト」の目玉、ジャンボ案山子にも注目です。青空の下、突如出現した高さ5mの巨大な案山子は、もしや……!?と思ったら、やはり二刀流の大谷翔平選手でした。

明日香村の案山子は、それぞれクセが強く、オリジナリティーあふれる力作&傑作ぞろい。旅にユーモアを求める人なら、きっとじわじわとハマってしまうはず。

2022年のジャンボ案山子は、やはりビッグボス新庄監督なのでしょうか……。来年のコンテストにも期待が高まります。

さらに、どんどん案山子ロードを歩いていくと、棚田を一望できる「朝風(あさかぜ)峠」にたどり着きます。

視界いっぱいに広がる、壮大な田園風景にうっとり。「映え」という言葉では収まりきらない、大きな感動が味わえますよ。

【15:15】明日香村の古墳といえばここ!「石舞台古墳」

「稲渕棚田」から車を走らせること約5分。明日香村の国営公園に隣接している特別史跡「石舞台古墳(いしぶたいこふん)」に到着です。

古墳というと、土に埋まっているイメージをお持ちかもしれませんが、「石舞台古墳」はビジュアルが特殊です。もともとは墳丘墓でしたが、現在、盛り土の大半が失われ、石室がむき出しの状態。7世紀頃に絶妙なバランスで組み立てられた巨岩が、今も当時のまま残っているんです。

石の重さを計算すると、合計2,300トン。2トントラックで換算すると1150台という、とてつもなくスケールの大きな古墳です。

石室の内部に入ってみると、外は寒いのに、中はほんわか暖かさを感じます。そして、なんと言っても迫力がスゴイ。古代からこの状態だったと思うと、荘厳な気持ちになりますよね。

「石舞台古墳」の被葬者については諸説ありますが、有力候補は、蘇我馬子(そがのうまこ)です。

人の手できれいに磨かれた石の側面や、ここまで巨岩を運ぶ労力や資金力を考えると、やはり豪族・蘇我氏のお墓に違いない……そんな未知なる世界への“ワクワク感”を感じられずにいられません。

【16:00】一大“古代史ブーム”を沸き起こした「高松塚古墳」へ

次にやってきたのは、「石舞台古墳」から車で10分と近い「高松塚古墳」。始めにご紹介した「飛鳥駅」の駅前にあるパネルのモチーフになった、明日香村では有名すぎる古墳です。

外観は可愛らしいコロンとした形。作られたのは7~8世紀ごろで、1972年に地元の人が生姜を埋蔵するために穴を掘ったところ、偶然見つかったのがきっかけで、本格的に調査が始まりました。

ここで見つかった壁画は、そのままだとカビなどによる劣化が進んでしまうため、石室ごとに解体して別の場所で保存されることに。そのため、今は中は空っぽで、取り出した壁画は年に数回、「高松塚古墳壁画修復作業室」で限定公開しています。

ただし、人数も日数も限られるため、壁画を見るのは至難の業。毎回、抽選になるほどの人気で、なかなか見ることができません。……そう聞くと、俄然、興味がわきませんか?

今回は特別に、修理作業室の公開見学に参加したので、その様子もご紹介します。

流れとしては、セミナールームで10分間ガイダンス映像を見た後で、壁画修復室へ向かいます。見学時間は10分だけ。

ドキドキしながら、修復室の窓をのぞくと、むかし日本史の教科書で見た「飛鳥美人」が目の前に…!! 肉眼でもくっきりと顔が分かるので、ちょっと目がウルウルしてしまいます。

そして、嬉しいのは、出口付近のテントで、職員の方に質問できること!あれこれいろんな「?」を解決できて、より飛鳥時代を身近に感じられる貴重な時間でした。

古代ファンの方は、HPをチェックして、修復作業室公開日の抽選にチャレンジを!

【16:45】気軽にのぼれる「甘樫丘」で絶景を

さて、古墳を満喫した後は、明日香村が誇る絶景スポットへ向かいます。

「甘樫丘(あまかしのおか)」は、標高約150mの低山ながら、素晴らしい景色が望める場所。道もしっかり舗装されていて、軽い気持ちで訪ねられます。

しかも散策ルートには、万葉集に出てくるハイレベルなクイズが盛りだくさん。一応、ヒントもありますが、死ぬほど難しい…。笑 友達同士でクイズにトライすれば、わいわい盛り上がれそうです。

ゆるゆると15分ほど歩くと、頂上に到着。石のベンチも置かれていて、ゆっくり座りながら景色を眺められます。

お盆をひっくり返したように見えるのが「天の香具山(あまのかぐやま)」、その左側に見えるのが「耳成山(みみなしやま)」、さらにすーっと目線を動かせば「畝傍山(うねびやま)」、大和三山が。

そして、ぐるっと反対側に回ると、のどかな明日香村の景色が広がります。

今から1400年前の飛鳥時代。この場所には、古代政治権力を握った蘇我入鹿(そがのいるか)や蘇我蝦夷(そがのえみし)の邸宅がありました。

ここに家を建てたのは、政治の中心地だった飛鳥エリアを見下ろせるから。この景色を蘇我氏も見ていたのかも……と想像すると、じんわりと歴史ロマンが染み渡ります。

ちなみに、この季節「甘樫丘」にはコキア畑があり、もりっと可愛らしいコキアが植えられています。秋から冬にかけては、真っ赤に色づくので、SNSやHPで確認しながらタイミングを合わせて訪れるのもおすすめですよ。

他の季節は、菜の花やひなげし(ポピー)、秋桜(コスモス)などが植えられています。その季節の美しい景色が楽しめる「映え」スポットです! ※植えられる植物は、その年により変わることがあります。

【18:00】「...pani (テンテンテンパニ)」で特製「飛鳥鍋」の夕食

ほどよく運動をしたら、お腹がぺこぺこに。夕食をいただきに、「飛鳥駅」の駅前ロータリーにある「...pani (テンテンテンパニ)」へやってきました。

こちらは、土・日曜と火・水曜のみ営業しているテイクアウトスタイルのお店。いつもは旬のフルーツを取り入れた季節のスムージーやフルーツティーなどを提供していますが、冬は完全予約制で、オリジナル飛鳥鍋 (ひとり鍋)を食べられます。

女性オーナーが作る飛鳥鍋は、疲れた体を芯から元気にしてくれる、からだ想いのヘルシー鍋。豆腐をミキサーにかけて牛乳でわり、大和肉鶏の出汁でことこと煮こみ洋風に。自家製玄米餅の巾着や手作りの若鶏のつくねも、ここでしか味わえないご馳走です。

そして、シメのリゾットがまたおしい!お米ひと粒ひと粒に、様々なうまみがたっぷり。「胃袋がもっと欲しい!」と思わずにはいられません。

さらに、これだけでは終わりません。食後のデザートは、なんとフルーツたっぷりのパフェ!旅の終わりに、フレッシュなフルーツに満たされて、なんとも幸せな気分……♪

「家の近くに、こんなお店があったら良いのに!」そう思わせてくれる名店です。

<半日でも大満足の明日香村へ!>
わずか半日で、充実度が高い時間を過ごせる明日香村。人が多すぎないので、安心安全に観光できますよ。次回2回目は、ちょっとディープな明日香村をご紹介します。お楽しみに!