2桁安打もあと一本が出ず 粘り負けの早慶戦 オータムフレッシュ in静岡 早大戦

© 慶應スポーツ新聞会

11月21日(日)大学野球オータムフレッシュリーグin静岡 早大戦 @草薙球場

3戦連続安打を記録した吉川

ここまで未だ白星のない慶大。そんな中迎えたオータムフレッシュリーグの最終戦ダブルヘッダーの1戦目は、因縁の相手・ワセダ。しかし初回から先発の福住勇志(商1・慶應)が早大に2点を先制され、それ以降終盤まで粘りの投球を続けるも、常に追いかける厳しい展開となった。7回に1点差まで詰め寄るも、その後中継ぎ陣が踏ん張れず失点を重ね、敗北を喫した。両チームの安打数に大きな差はなかっただけに、悔しい一戦となった。

早大	2	0	0	0	1	1	0	4	0	8
慶大	0	0	1	0	0	1	1	0	0	3

早大バッテリー:中森、茂、大木、小野-栗田

慶大バッテリー:福住、谷村然、駒形、中村、前田-本間

◆慶大出場選手

1	[5]	水鳥遥貴(商1・慶應)
H	関展里(環2・慶應)
9	栗林泰三(環2・桐蔭学園)
2	[2]	本間颯太朗(総1・慶應)
3	[4]	古野幹(理1・岸和田)
4	[3]	清原正吾(商1・慶應)
5	[8]	吉川海斗(法2・慶應)
6	[9]	村上真一朗(文2・城北)
H	斎藤來音(環2・静岡)
5	高山起(総3・松本深志)
7	[6]	杉山勇征(商1・清水東)
8	[7]	佐藤一朗(商2・慶應)
9	[D]	堀翔太(文1・日本大学)
HD	小川尚人(環2・三重)
[1]	福住勇志(商1・慶應)
1	谷村然(環2・桐光学園)
1	駒形凌(総2・慶應)
1	中村公祐(商3・市川)
1	前田直人(経2・慶應湘南藤沢)

勝利に飢える慶大のフレッシュナインだったが、初回に先発・福住が2死から満塁のピンチを招くといきなり2点を失い、先制を許してしまう。しかし3回、相手のミスなどから生まれた1死一、三塁のチャンスに本間颯太朗(総1・慶應)が期待に応え、左前適時打で1点を返す。しかしその後の1死一、二塁の好機を後継が活かせず、反撃は1点に留まる。

適時打を放った本間

4回からは、2番手・谷村然(環2・桐光学園)が早大打線を三者凡退に斬り流れを引き寄せる。だがその裏、四球や2つの安打で満塁という一打逆転の場面でも慶大は併殺打に打ち取られ、チャンスを生かし切れない。そんな中5、6回共に2死から谷村が連打を浴び、早大に2点を追加され3点差に広がってしまう。

3戦連続安打と好走塁を見せた清原

しかし6回裏、昨日2打点の活躍を見せた清原正吾(商1・慶應)が3試合連続安打を記録し、先頭出塁に成功。その後2死となるも、杉山勇征(商1・清水東)の内野安打の間に清原が好走塁を見せ、1点を返す。7回裏には相手のミスと犠打から生まれた1死三塁の場面で、古野幹(理工1・岸和田)が左中間に適時二塁打を放ちもう1点返し、少しずつ点差を縮める。流れを引き寄せた慶大だったが、8回表に中村公祐(商3・市川)が四球とミスの絡んだ内野安打で1死満塁のピンチを招くと、押し出し死球で1点を献上する。その後2死満塁から、3番・森田朝陽(社2・高岡商業)に走者一掃の適時三塁打を打たれ、ダメ押しの3点が入り試合を決定づけた。

反撃の一打を放つ古野

両校それぞれ10本、11本と2桁安打を記録したものの、慶大は残塁が目立ち、あと一本が出ない悔しい試合展開となった。前の試合同様、好機で決め切れない展開が続き、今後も重要な課題になると思われる。また中継ぎ投手の粘りも、これからの試合の勝敗を左右する鍵となるだろう。今季の課題を踏まえ、選手一人ひとりがオフシーズン中にどう変化を遂げ、新たなチームの下でどう来季に挑むのか期待したい。

(記事:佐藤光、写真:長沢美伸・畠山里菜子)

◆打撃成績

1	[5]	水鳥	二ゴロ	右飛	左飛
H	関	中失
9	栗林	空三振
2	[2]	本間	左飛	左安①	空三振	投犠打	死球
3	[4]	古野	右安	二ゴロ	二ゴロ	中2①	中飛
4	[3]	清原	捕邪飛	空三振	中安	右飛	三ゴロ
5	[8]	吉川	中安	一ゴロ	二ゴロ	四球	遊飛
6	[9]	村上	見三振	左中2	左飛	四球
H	斎藤來	左飛
5	高山
7	[6]	杉山	二ゴロ	四球	一安①	四球	遊飛
8	[7]	佐藤一	中2	左安	四球	空三振
9	[D]	堀	右安	投併
HD	小川尚	右飛	四球

◆投手成績

福住	3	13	41	2	0	1	2	2
谷村然	3	15	63	5	3	1	2	2
駒形	0 2/3	3	11	1	0	1	0	0
中村	1 1/3	9	35	1	2	2	4	4
前田	1	6	25	1	0	2	0	0

◆選手コメント

本間颯太朗(総1・慶應)

チャンスで打点をあげることができ嬉しかったですが、それ以上にチームが負けてしまったので悔しいです。今秋は早慶戦で勝つことができなかったので、来春こそは勝てるようにオフシーズンの練習を頑張っていきたいと思います。