奈良きたまちの魅力を味わう「きたまちといろ」

© 奈良テレビ放送株式会社

 近鉄奈良駅から北側一帯の奈良きたまちの魅力を味わってもらおうというイベントが、きょうから奈良公園バスターミナルなどで始まりました。

 地域の和太鼓グループ「宝亀殿」の演奏で幕を開けたこのイベントは、近鉄奈良駅から北側一帯を指す「きたまち」の歴史や文化の魅力を味わってもらおうと、きたまちといろ実行委員会と県などが開いたものです。奈良公園バスターミナル2階の情報広場で開かれた「といろ市」には、雑貨や本、持ち帰り可能な飲食物や野菜など、きたまちゆかりの店が並び、訪れた人たちは店の品物を見ながら買い物を楽しんでいました。

この「といろ市」は、24日まで個性豊かなお店が日替わりで出店されるほか、バスターミナル屋上に手作りのランタンを並べて夕暮れの光を楽しめます。この晩秋の「きたまち」の魅力を味わうイベントは、28日まで開かれています。