生駒市・ワクチン3回目接種券 医療従事者は今週中に発送の方針

© 奈良テレビ放送株式会社

 生駒市の小紫市長は、新型コロナワクチンの3回目の接種に向けて、医療従事者の接種券を今週中に発送する方針を明らかにしました。

 厚生労働省は新型コロナワクチンの3回目の接種について、2回目の接種完了から原則8カ月以上経過した人を対象に行う方針を示しています。生駒市の小紫市長はきょうの定例記者会見で、接種券の発送時期を医療従事者は今週中、高齢者は12月中とする方針を明らかにしました。そして、これまで65歳以上の高齢者を対象に市が独自で実施してきたはがきでの接種申込みについて、好評だったことから小紫市長は3回目接種でも継続して行うと述べました。

小紫市長

「大体7カ月くらい経ったところで接種券を送って8カ月経ったところで打ってくださいねという、(ワクチン接種)1回目2回目の反省やよかったところもある程度分析していますのでよかったところをしっかりと継続して改善点は改善していくのは当然のことだと思います。」

 なお、接種は集団接種と医療機関での個別接種を併用して行うとしています。