LED開発の赤崎勇さんしのぶ会

天野浩教授「諦めず信念貫く人」

© 一般社団法人共同通信社

2014年にノーベル物理学賞を受賞し今年4月に亡くなった赤崎勇さんをしのぶ会=22日午後、名古屋市

 青色発光ダイオード(LED)の開発で2014年にノーベル物理学賞を受賞し今年4月に92歳で亡くなった赤崎勇さんをしのぶ会が22日、名古屋市内で開かれた。参列した同賞の共同受賞者、天野浩・名古屋大教授は「諦めずに信念を貫く先生だった」とたたえた。

 天野さんは、シンポジウムで赤崎さんがにこやかに若い学生と歓談していた様子を振り返り「怒っている姿をみたことがない。人を育てる時も、感情的にならずに寄り添ってくれた」と述べた。

 赤崎さんの家族は「信じた道を一心に進むことができた素晴らしい幸せなものでした」とのメッセージを寄せた。