中国、五輪影響懸念で幕引き図る

彭帥さん問題、情報求める声黙殺

© 一般社団法人共同通信社

2013年7月、テニスのウィンブルドン選手権女子ダブルスで優勝した中国の彭帥さん=ウィンブルドン(共同)

 【北京共同】中国当局は22日、元副首相との不倫告白後に動静が分からなくなったテニス選手、彭帥さんを巡る問題の幕引きを図り始めた。来年2月開幕の北京冬季五輪への影響を防ぐ必要がある上、中国最高指導部の元メンバーが絡む問題は指導部の威信に関わるだけに慎重に対応しているもようだ。国内メディアは沈黙し、問題の経緯を明らかにするよう求める国際社会の声は黙殺する構えで、真相は不明のままだ。

 中国国営テレビは22日のニュース番組で、IOCのバッハ会長がドバイでの会合の際に「北京五輪の成功」に期待を示したと報道。バッハ氏が彭さんとテレビ電話で通話した件には触れなかった。