業務スーパーの1kg入りサラダは高コスパ惣菜!お弁当&食卓に便利なおすすめ3選

© 株式会社オールアバウト

人気の業務スーパー1kgサラダは大容量で美味しい!

あわせて読みたい

業務スーパーは値段が安く大容量の商品を扱っています。中でもサラダの種類が豊富。すぐに使えるチルド、冷凍のタイプもあります。気軽に使えて種類も多いので、店舗に行く時間帯によっては品切れになっているほど評判です。筆者もよく利用していて、おすすめです。

業務スーパーで販売されているサラダの中で、特徴的なのが「1kgサラダ」です。

とくに魅力を感じる3つの理由を挙げていきます。

とにかく大容量! たっぷり使える

一般的にサラダというとスーパーやコンビニなどで見かける小さめの袋に入っているものを想像すると思います。そのイメージを軽く超えるのが業務スーパーのサラダ。1kg入りです。ここまで大きいサラダはそうそう見かけません。

内容量が多い分、遠慮することなくたっぷりと使うことができます。

コスパが良い

業務スーパーの1kg入りサラダは、この大容量で500円以下(税込)で買うことができます。

100gあたり50円以下(税込)の計算になるので、非常に安くコスパも良いです。一般的に売られているサラダは、100gでも100円以上(税込)することが多いので、比較しても非常にお手頃価格。

業務スーパーの1kgサラダの中で、特におすすめの3種類を紹介します。

1.業務スーパーの生ごぼう使用の「ゴボウサラダ」を紹介

業務スーパーの「ゴボウサラダ」は、少しピリ辛です。

食べた後で「あれ?ちょっと辛いかな」と感じる程度なので、辛さが苦手な人でも大丈夫そうです。筆者も辛い食べ物が苦手なのですが、業務スーパーの「ゴボウサラダ」は抵抗なく食べることができています。

ごぼうは柔らかすぎず、かたすぎず、歯ごたえもちょうど良いです。

業務スーパーの「ゴボウサラダ」の値段・価格・コスパ

業務スーパーの「ゴボウサラダ」は1kg入りで、価格は451円(税込)。100g当たり45円(税込)です。

「ゴボウサラダ」は、同じ内容量の業務スーパーの「ポテトサラダ」など他のサラダよりもやや値段が高め。

それを考慮しても100gで45円(税込)は、お得な値段です。

業務スーパーの野菜惣菜「ゴボウサラダ」の原材料・内容量

業務スーパーの「ゴボウサラダ」の原材料・内容量は、以下のとおりです。

  • 名称:ゴボウサラダ(そうざい)
  • 原材料名:ごぼう(中国産)、乳化液状ドレッシング(食用植物油脂、砂糖、その他)、にんじん、果糖ぶどう糖液糖、しょうゆ、ごま、砂糖、食用ごま油、食塩、香辛料、醸造酢、乳たん白、かつお節エキス/調味料(アミノ酸等)、甘味料(ソルビトール)、糊料(増粘多糖類)、香辛料抽出物、カロチン色素、(一部に卵、乳成分、小麦、大豆、鶏肉、ごまを含む)
  • 内容量:1kg
  • 保存方法:冷蔵保存(1から10℃)
  • 製造者:秦食品株式会社

原材料が多くて驚きました。

ごぼうのシャキシャキ感とごまの香りを提供するための企業努力がすごいです。

業務スーパーの「ゴボウサラダ」のカロリー・栄養成分表示

業務スーパーの「ゴボウサラダ」の100g当たりのカロリー・栄養成分表示(推定値)は、以下のとおりです。

  • エネルギー:166kcal
  • たんぱく質:1.9g
  • 脂質:11.4g
  • 炭水化物:14.7g
  • 食塩相当量:1.5g

「ゴボウサラダ」はこのままで十分美味しいので、カロリーが気になる場合はアレンジをせずに食べると良いかと思います。

業務スーパーの「ゴボウサラダ」の賞味期限・保存方法・開封後の注意

筆者が2021年11月10日に購入した時点での業務スーパーの「ゴボウサラダ」の賞味期限は、2021年12月10日です。約1ヶ月ありました。

保存方法は、1から10℃で冷蔵で保存します。

開封した後はできるだけ早く食べ切りましょう。

業務スーパーのにんじん入り「ゴボウサラダ」はお弁当でも大活躍

業務スーパーの「ゴボウサラダ」は、わが家ではお弁当のおかずにも入れています。

ドレッシングがトロッとしているので、お弁当の中で広がることがほぼなく、大活躍です。

__DATA
業務スーパー┃ゴボウサラダ__

内容量:1kg

2.業務スーパーの「ポテトサラダ」を紹介

業務スーパーの「ポテトサラダ」の特徴は、ポテトが荒く潰してあること。

ホクホクの食感や風味を大切に作られています。

形が残っていてゴロゴロしているので、食べ応えがあり、言うなれば「じゃがいもを食べている」感じがします。じゃがいもの皮が含まれていることもありますが、食べるのに問題なし。

少しだけ酸味がありますが、気になるような酸っぱさではなく、美味しく食べることができました。

業務スーパーの「ポテトサラダ」の値段・価格・コスパ

業務スーパーの「ポテトサラダ」は、1kg入りで399円(税込)です。一般的にポテトサラダは、100g程度で100円前後(税込)。

比較すると、1kg入っていて399円(税込)は非常に安いと思います。

業務スーパーの「ポテトサラダ」の原材料・内容量

業務スーパーの「ポテトサラダ」の原材料・内容量は、以下のとおりです。

  • 原材料名:じゃがいも(国産/遺伝子組み換えでない)、乳化液状ドレッシング(食用植物油脂、砂糖、その他)、にんじん、たまねぎ/調味料(アミノ酸等)、粘料(増粘多糖類)、香辛料抽出物、カロチン色素、(一部に卵・乳成分・大豆・鶏肉を含む)
  • 内容量:1kg

じゃがいもに力を入れていることがよくわかります。

業務スーパーの「ポテトサラダ」のカロリー・栄養成分表示

業務スーパーの「ポテトサラダ」の100g当たりのカロリー・栄養成分表示(推定値)は、以下のとおりです。

  • エネルギー:172kcal
  • たんぱく質:2.0g
  • 脂質:11.8g
  • 炭水化物:14.6g
  • 食塩相当量:1.2g

カロリーが気になる場合は、アレンジを抜きにして、量を調節してみてください。

「ポテトサラダ」はそのままでも、ホクホクのじゃがいもが楽しめます。

業務スーパーの「ポテトサラダ」の賞味期限・保存方法

筆者が2021年11月10日に購入した時点での業務スーパーの「ポテトサラダ」の賞味期限は、2021年11月19日。思ったより短いです。

棚からとるときに最前列を選んだので、賞味期限が短めになっていたのかもしれません。

保存方法は、冷蔵(1~10度)で保存。

開封後は早めに使い切りましょう。

業務スーパーの「ポテトサラダ」のアレンジレシピ:ポテサラ鰹節ご飯

ご飯に業務スーパーの「ポテトサラダ」と鰹節を混ぜるだけです。

鰹節と「ポテトサラダ」がよく合います。

__DATA
業務スーパー┃ポテトサラダ__

内容量:1kg

3.業務スーパーの「マカロニサラダ」を紹介

業務スーパーの「マカロニサラダ」はドレッシングがたっぷりと絡んで、素材の味もしっかり。

マカロニ自体がかなりもちもちとしています。

デュラム小麦のセモリナがマカロニの原材料として使われているためです。

少し酸味があり辛さも感じられますが、逆にこの酸味が食欲をそそります。

業務スーパーの「マカロニサラダ」の値段・価格・コスパ

業務スーパーの「マカロニサラダ」は1kgで343円(税込)。

100g当たり約34円(税込)なので、かなりコスパは良いです。

業務スーパーの惣菜「マカロニサラダ」の原材料・内容量

業務スーパーの「マカロニサラダ」の原材料・内容量は、以下のとおりです。

  • 名称:マカロニサラダ(そうざい)
  • 原材料名:乳化液状ドレッシング(食用植物油脂、砂糖、その他)(国内製造)マカロニ、にんじん、砂糖、食塩/調味料(アミノ酸等)、甘味料(ソルビトール)、糊料(増粘多糖類)、香辛料抽出物、カロチン色素(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・鶏肉を含む)
  • 内容量:1kg
  • 保存方法:冷蔵保存(1から10℃)
  • 製造者:秦食品株式会社

原材料のデュラム小麦のセモリナが、マカロニのもちもち感を作り出しています。

業務スーパーの「マカロニサラダ」のカロリー・栄養成分表示

業務スーパーの「マカロニサラダ」の100g当たりのカロリー・栄養成分表示(推定値)は、以下のとおりです。

  • エネルギー:191kcal
  • たんぱく質:2.8g
  • 脂質:12.5g
  • 炭水化物:16.4g
  • 食塩相当量:1.6g

もちもちのマカロニがくせになるので、食べすぎないように心に留めておいてください。

業務スーパーの「マカロニサラダ」の賞味期限

筆者が2021年11月10日に購入した時点での業務スーパーの「マカロニサラダ」の賞味期限は、2021年12月8日でした。

未開封の状態では1ヶ月程度持ちます。

業務スーパーの「マカロニサラダ」の保存方法

業務スーパーの「マカロニサラダ」の保存方法は、1から10℃で冷蔵保管です。開封したら、できるだけ早く食べ切ってください。

業務スーパーの「マカロニサラダ」のアレンジレシピ:ブロッコリー和え

業務スーパーの「マカロニサラダ」はドレッシングがたっぷりなので、ブロッコリーと和えてみました。

味がはっきりしているので、マヨネーズなどを足さなくてもOKです。

__DATA
業務スーパー┃マカロニサラダ__

内容量:1kg

業務スーパーのサラダチキンの関連商品もおすすめ

業務スーパーには1kg入りサラダ以外にもおすすめがあります。サラダチキンの関連商品です。紹介します。

業務スーパーの冷凍「サラダチキン」は高たんぱくでヘルシー!

業務スーパーの「サラダチキン」は、200g入りで192円(税込)で購入できます。

冷凍状態で販売されているので、解凍して食べます。

一般的なサラダチキンは、半分程度の大きさで192円(税込)で業務スーパーの「サラダチキン」と同額に近いことも。サイズが小さくて、同じくらいの値段なので、業務スーパーの「サラダチキン」がいかにお得であるかがわかります。

__DATA
業務スーパー┃サラダチキン__

内容量:200g

業務スーパーの「スモークチキンスライス」は1kgの大容量!

筆者が利用する業務スーパーでは品切れか取り扱いをしていないのか、発見できませんでした。

国産鶏むね肉をやわらかく仕上げ、さっぱりとした塩味とスモークの薫りで風味よく仕上げた「スモークチキンスライス」があるようです。

1kg入っているのでかなりたっぷりと使えます。ビールやワインなどお酒のおつまみにもなるとのことです。

試してみたいですね。

__DATA
業務スーパー┃スモークチキンスライス__

内容量:1kg

業務スーパーの冷凍「ほぐしサラダチキン」は全解凍で調理

筆者が利用する店舗には置いてありませんでしたが、調べてみました。

業務スーパーの「ほぐしサラダチキン」は、500g入りで、価格は483円(税込)。

「ほぐしサラダチキン」は、すでに食べやすいように細くなっていますが解凍する必要ありです。

バラバラになって冷凍状態になっているわけではなく、ひとかたまりになっています。全部を解凍してください。

残ったものは冷蔵庫で保管し、早めに使い切ることをおすすめします。

__DATA
業務スーパー┃ほぐしサラダチキン__

内容量:500g

業務スーパーの冷凍「サラダ豆」はトッピングにおすすめ!

業務スーパーの「サラダ豆」は、サラダのトッピングとして便利。

業務スーパーでは500g入り192円(税込)で非常にコスパの良い商品です。冷凍になって販売されているので解凍する必要があります。

業務スーパーの「サラダ豆」の豆の原材料は、遺伝子組み換えではない大豆。ひよこ豆、青えんどう豆、レッドキドニービーンズの4種類が入っています。

実食してみて「サラダトッピングだけではなく、スープなどに入れて使うこともできそうだ」と思いつきました。

__DATA
業務スーパー┃サラダ豆__

内容量:500g

まとめ:業務スーパーの「サラダ」は選べる種類とコスパが◎

「1kgサラダ」は、業務スーパーの代表格といっても過言ではなく、ならではの商品だと思います。

大容量でコスパも良く味も大満足。

他にもヘルシーな「サラダチキン」や「サラダ豆」などの関連商品も充実しています。用途に合わせて取り入れていくと良さそうですね。

あわせて読みたい